on R1.5 L1.5  以上に見えるために
a0016843_131257.gif


友だちが写真について、いくつか質問をしてきた
ので改めて自分でも思い直してみた

僕が写真を撮る上でいつくか大切にしているルールがあって、
きっと要約するとこうなる

  目で見たそのままを写真に残すこと
  シーンをもっとくだらないものを優先してケチらないこと
  被写体のスケールが体感できること
  あと、一番大切なのが、
  かっこよい一枚にこだわること

これに尽きる



 ×××、

まずなによりも、
あけましておめでとうです。

・・・

で、せっかくメールいただいたんで少し写真についていくつか解説しようと
思います。

まず、
1) 使用しているカメラは、いたって普通
 コニカミノルタ(父の会社なんで、ひいきしている・いた)のディマージュ
 っていうやつです
 ( http://ca2.konicaminolta.jp/products/consumer/digital_camera/dimage-x50/index.html )
 画素数もズームも普通
 選んだ理由は、
 1) 安かったから
 2) タフそうだったから(鞄にいれっぱなしで、結構カメラにとっては酷なんです)
 3) 起動スピード(電源をONにしてから)が速かった
 の三点ぐらいで選びました

2) 写真に対する意識
 ここからは、撮り方、なんですが、
 基本、撮る時はいくつかルールみたいのを作ってます。

 a) 写真が他人に見られることを意識する
 b) 納得いくまで、被写体を撮り続ける 
 c) 自分の目た見たように写すことを意識する
 d) 訳のわからない写真にならないように、ちょっとだけ「構図」を考える
 です。

 まずa)
 自分で「ふつーだな」って思う写真は、10中8,9「ふつー」なんです。
 よって、必ずかっこよい「部分」が少なくとも入っていることを意識
 します。
 するとd)につながります。
 「構図」です。
 例えば観光をした時に、高いビルとか、広大な景色とか、撮りたくなります
 よね。けど写真って、肉眼より圧倒的に弱いから(サイズ的にもたかが
 はがきサイズですよね)、なんとか工夫をして、「ビルの大きさ」「風景の
 広大さ」を証拠づけないといけないと思っています。
 でも写真には収まりきらない。じゃぁどうするか。

 そこでは「○○に比べて、このビルは大きい」と思わせれば良い感じです。
 例えば、ビル全体は写真には入らないかもしれないけれど、側に立っている
 おばちゃんを写真に入れる、だけでよいのです。
 しかもおばちゃんの首から上、とかじゃなくて、できれば足下から
 おばちゃんすべてをビルの写真の中に収めるために頑張る。
 
 結果として、肝心の大きさを見せたいビルは「半分しか写ってない」けれど、
 隣で大きさを物語ってくれるおばちゃんは、全身が写っている。 
 そんなとこが重要かな、と思ったり。
 だからできるだけ、写真の中では、「スケールが分かるためのものを
 完全の状態で(上半身だけ、とかじゃなくて、全身)写っているようにする」
 ことかな、と思います。
 ふー、長い。
 で、そうするとc)にいきつきます。
 さっきも書いたけれど、カメラ、写真、って圧倒的に写せる視野・視角が
 せまいから、あくまでも「自分の目で見たものをそのまま写すこと」を
 頑張る。
 目って、瞬間瞬間で、焦点が次から次へと変わりますよね。
 あの、見ているものがはっきり見えて、周りの背景がぼけてる感じ。
 それが写真でも再現できることが重要なんです。
 だから、写そうとしているものにすごく近寄ったり、
 わざと部分にだけ注目するような写真の撮り方をしたりするんです。
 
 結果として、目で見たような写真が撮れ、
 結果としてのっぺりとした絵ではなく、スケールや臨場感が伝わる
 仕上がりになるんです。

 最後ですが、
 撮るのをあきらめないこと。b)ですね。
 普段人ごみや路上で写真撮ったりしますが、はっきり言って
 周りの通行人からしたら、よい迷惑です。僕は。笑。
 でも、そこで、「人がくるから、急いで撮らないと!」
 とか、「あ、まぁ100%じゃない写真だけれど、あまり
 たたずんでいるのも恥ずかしいから、もういいや」と
 思わないこと、ですね。
 
 デジカメなんだから、メモリーをけちらずに納得するまで
 撮り続けることが重要なんです。多分。
 友だちと一緒に、「途中であきらめる写真」のことを、
 「そのシーンをけちる」と言う風に命名したことがあります。
 十分な時間をかけずに、「そこの場所で写真を撮る努力を
 けちってしまったがために、結果として冴えない、けちな
 写真しか手元に残らない」状態のことを言います。
 シーンと一度のチャンスをけちると、もったいないよね、
 というメッセージですね。

 なんか脈絡なかったですが、以上の四点が
 僕がなんとなく意識していることです。
 でもそれぐらいですね。
 さすがに長くなってきたんでもう切り上げますが、
 一方的にまくしたててしまってごめんなさい。
 ちょっと調子に乗ってみました。

 では、良い週末を。
 マツモトテツロウ

以上抜粋終了 
[PR]
by eclipseted | 2007-01-20 13:22 | [設design計]
<< on プラモデルの醍醐味 on ベンチのある家 >>