on アウトローの宣伝部
a0016843_0155894.jpg


本日は新規クライアントとご対面

やっぱり、上層部には文言一つ逆らえず
やっぱり、ネクタイの奇妙なコントラストには目を向けられず
やっぱり、ブリーフィングは初めから終わりまで矛盾満載


終いには、同席したクリエイティブディレクター(我々サイド)に喝を入れられ
それでも説明責任や環境懸念や、社会的意義、トレンド、
全て言いたく、みんな相手にしたく、効くキャンペーンとコンセプト
モゴモゴ
ゴニョゴニョ

ところが最後に、ぼそっと

「僕、あれ好きなんですよ
 あのCoca Colaの、自動販売機にコインを入れると、
中で不思議な世界が待ってる、あの何かがあんな中で
嘘でもよいから、何かが起こっているような気にさせる
あのファンタジーの、世界    って、

なんだか

いいですよね」



それはほんのわずか、ほんの少しだけだけど
実は赤い脈打つ、血筋が感じられる、
より人間らしい瞬間、

ほっとした
そんな瞬間でした

品川の宣伝部も、
よいかもしれない
[PR]
# by eclipseted | 2007-05-19 00:28 | [月occupation金]
on 手術の対談
a0016843_2348302.jpg


背中に、
肩甲骨の間の、ガリガリでた背骨の近くに
3mmぐらいの穴を開けられた

レーザーで ジジジ、
っと摘出された膿腫は
「こりゃまた見事にとれたねぇ」と、
いささか興奮気味の皮膚科の先生の手によって
写真に収められた

パシャリと

二週間前僕が撮っていたのは、
rue d'invader
勝手に「インベーダー通り」と命名



そういえば先生のデジカメも、
EOS kiss digital Nでした
[PR]
# by eclipseted | 2007-05-16 23:56 | [懺confession悔]
on ビーチ強化合宿
a0016843_12345.jpg

とりあえず眠くて眠くて、立ったまま寝ちゃう子って、
よく出くわす

僕は、いや、本当に、寝てくれ、って思う

お母さんに手を繋がれて歩く幼児とかが、典型観察対象

同じ駅の階段を、身長80センチのミニ大人が、
彼らにとっては膝上にも及ぶ段差を、歩幅20センチの足で上るわけでしょ

お父さんや年上の兄弟に連れ立って一日中、暑い日差しの下で
シャボン玉をおいかけては割り、
砂のお城を作るために、せっせと穴を掘っては崩し、
駅では背伸びをして必死に券売機に小銭を入れ、
ナントカレンジャーごっこで大役を努めては、
ヘトヘトになって帰路につくわけでしょ

ヘトヘトなんて、きっと意識もせずに
楽しすぎて

ただでさえ、でかすぎる世界で生きているのに、
消費する分のエネルギーもばかにならないのに、
毎晩数ミリ成長するためにも、何か蓄えないといけない

どこかでドロのように寝ないと
そりゃ、子どもって、やってられやしないさ、と

つくづく、がんばれ、そしてしっかり寝ろ、とエールを送る

そんな五月のモナコのビーチの一時
[PR]
# by eclipseted | 2007-05-15 01:11 | [友people達]
on やがて帰国まで
a0016843_1393779.jpg


入社して初めてのお使いは、地中海に面したモナコ公国でした
他の接海都市と似ていて、なんと階段の多い街なのでしょう
いたるところに、公用エレベーターが見当たります
出発直前に調べたgoogle mapも、高低差が体感できないので面食らいました

しかもこの階段、ちっとも水平じゃないんです
一段、一段、もう少しずつ削れば水平を保てるのに、
それぞれ一定の角度で、滑らかに傾いているのです
完成度が80%でも、上れればよいのです

でもこんな地中海気質モナコにも、
実は8-2の法則がしっかり生きているのでした

お使いのおつりは、そんな発見から始まります

[PR]
# by eclipseted | 2007-05-13 01:40 | [月occupation金]
on グラマー曲面
a0016843_22141096.jpg

誰しもが得意な面持ちの角度をもっていて、
これは、人ほど表情が明確でない、建造物にも適応される

骨盤矯正とか、キャットウォークスキルとかで、
もはや大前提となった見せ方から一度解放され、

スタイルの開発を今一度ゼロベースから考える訓練です

銀座のワコウビルとかとはまた違う面持ちです
[PR]
# by eclipseted | 2007-04-30 22:14 | [設design計]
on 盲目の扉
a0016843_065044.gif


代々木上原界隈の日曜朝
やっと寝静まったジンギスカン屋の重い扉は
翌夜までの束の間のノンレム睡眠です

残る絵を撮るための条件は
   揺らぎない視力
   見渡す余力
   見定める采配力
     でしょうか

   今日は道具に助けられながらも
   なかなか残したい絵が見つけられなかった  
   いかに視界が狭まっていたかが、痛切に感じる

   撮りたい絵がなかったこの二ヶ月のスランプは、
   まだ完全に抜け切れていないのが本音です
 
   でも一枚一枚が、抜け道のきっかけを作っていくことは事実です
[PR]
# by eclipseted | 2007-04-30 00:16 | [懺confession悔]
on GWのモナコ公国
a0016843_21353525.gif

モナコ出張間際です

贅沢な時間となるか、心身疲弊する苦行になるかは
既に始めから決まっているのだろう
決められているのだろう

あとは売り物として、仕事として、自信を持てる提供物となるかどうか

そういえばSKYLINEtalk l 001、002、003、
ICHIROの声色とスカイラインの音色のみの構成、
SEが他にない

関係者以外にも「気づかれる」、このような変化こそが、
シリーズ広告/企業が発するメッセージの、
最たる資産の証拠ではなかろうか

しかし今度のスカイラインセダンのボディデザイン、
よく日本人に
あの曲面が作れたなと心から敬意
特にフェンダーラインとピラーが交わって、つんと跳ね上がる曲面

最近の買い物
LAMY 2000 4色 ボールペン
United Arrows green label relaxing 綿素材スーツ上下
NATIONAL アクリル前面 パンツプレス
コルテーゼ 天然素材生地 オーダーメイドシャツ2枚
PATRICK 牛革オリーブステップスニーカー
山本亜由美 葯-Poison Pollen トルコ石
Canon Eos Kiss Digital N

腹八分目は、まだのよう
[PR]
# by eclipseted | 2007-04-28 21:56 | [発insights想]
on かみしめられない故の悔しさ
a0016843_22291970.gif


責任は、本来 そのありがたみを
享受できる者にしか

 たのしめない
 


 ちきしょう、悔しいな、 
[PR]
# by eclipseted | 2007-04-08 22:33 | [発insights想]
on 金曜夜 EEZを超える

a0016843_2142744.gif


職場で好きな時間帯は、人気が散り始める
21頃だろうか。ビル館内放送で、オートロック開始の
合図やら定時をしらせるチャイムがいくつか鳴り終えた
そんな時間帯。

お世辞にも省エネ施策と言えないぐらい、わずかしか
消灯していない、気持ち薄暗くなった廊下を徘徊しながら
ペプシネックスを買いに歩いたり、上るエレベーター越しに
すれ違う、コートとマフラーをまとった人々を横目に、まるで
あみだくじをたどるかのごとくフラフラしながら
席に戻るのが好き。

一人、また一人。
果たして後何人帰るのを見送れば、自分は残っているマイノリティの
仲間入りできるのだろうか、とか。

人が働く時に休み、休む時に働く。

個人的な王道労働法であり、金曜夜こそがつんと働いただけ
気持ちが安らいでいく。

やがて駅に着き、同じような生活習慣の人々と同じ煌々と輝く
コンビニエンスストアに引き込まれ、ほんのりと照らされたバーや
食事処を横目に来る土曜朝について瞑想を始める。
魂がこもっていない、すっけらかんな表情をしているものの、
この時間が中毒のように好きでたまらない。

先輩は、月給のことを毎月一度注入される麻薬と呼ぶ
僕は、土曜の日付変更時点を、毎週一度超える
EEZと呼ぶ
排他的エッセンシャルゾーン、とか

まだ他の7世帯の電灯が一切点されていないアパートに帰宅し、
ゆっくりとナット・キング・コールをかけながら、うがいをしたり、
いただいた花のトリミングをしたり、本棚の上の方の雑誌の背表紙を
じっと眺めたり

あぁ、死ぬほど眠いけれど寝たくないって気持ち、
50字ぐらいでうまく説明できないかな

おやすみ金曜日
写真は、パリ市内バスティーユ周辺、ヴァージルの部屋からの景色
[PR]
# by eclipseted | 2007-03-03 02:14 | [日daily記調]
on 怒られまくってる、生まれて初めて
a0016843_1375298.gif


若い頃はよく失敗しておけと言われる

これは決して難しいことではなくて、
失敗体験を経たことで懸命に、何がなんでも
次回は失敗だけは回避しようと働きかけを自らすることに繋がる

ただここには大きな与件が加わるべきで、
失敗を本気で失敗(失態でもよい)と捉える
実直さと、失敗を失敗と見分けられる見識があっての話

だから当本人の失敗認識がずれていたり、
愚直さを下手に欠いていたりすると、失敗としての失敗は
結局他人事になってしまう

いっぱい失敗するってことは、失敗慣れしているってことだしね

僕は中学時代から今まで、怒られた記憶が一切ない
激怒の対象の言動は控えるし、自分で言うのもなんだが、
他から見て怒りづらいタイプ

そんな訳で、怒られる時はひと際叱咤体験を覚えているし、
愚直さも相まって無駄にひっぱり続ける

だから毎日のように会社で怒られまくってる自分にとって、
ここ数週間の環境は激動の地であり、非常に苦しい

もともと叱咤恐怖症だから、とりあえず万全態勢で注意するのだが、
やっぱり怒られる

でも不思議だけれど、この怒られる環境
どこか妙に気持ちのよいところがある
初めて怒る対象として見てもらえること、
こいつは俺が怒らないと直らない、と真剣に周りが心配してくれること
(まぁ部下がしでかしたミスを放置すると、立場が危うくなるのは上司
ということもあり、自己防衛必須施策でもあるのだろうが)
にいささかながらの興味を持ち始めた

でもやはり、だ
ここで叱咤恐怖症が治ると楽観するのはどちらかというと
危惧すべきだろう

失敗慣れる、失敗と気づかなくなる
怒られ慣れる、怒られていると気づかなくなる
ことに危惧すべきなのだろう

ある意味、若いうちに沢山怒られてこなくてよかった
今怒られていてよかった
人を怒る人が実際存在する世界でよかった
しかし、今日も怒られなければよかった


そんな水曜夜、おやすみ

写真は新宿京王プラザホテル
みんな、結構、ミニチュア
[PR]
# by eclipseted | 2007-03-01 01:38 | [懺confession悔]
on 営みを生業とす
a0016843_23524995.gif


早めに切り上げて22時半頃自宅の階段を上る

営業局に復帰してから早3週間が経とうとしているが、
妙に疲れが溜まりやすい。足取りが重いな。
周りのペースがつかめないこと、
自分の要領がつかめていないこと、
人をモティベートし、動かす力を行使し慣れてないこと、
クライアントの専属顧問になれてないこと、
そして何よりも関係を持つ人の期待を裏切りたくないことが
張りつめた緊張感を保たねばならない理由。

ただ自分の営みすらままならないものが、
クライアントの営みを生業にできると思えない。

無限にあるわけではない時間の中で確実な地固めにとり組むことが今は重要

今日は残念なことに、とある海外業務の遂行不能申告を受ける。
内容は、 秘密。
ゴールデンウィークのMONACO出張はとりあえず見送り。


おやすみ、火曜日
写真は昨年度撮影、麻布十番の町並み
[PR]
# by eclipseted | 2007-02-28 00:06 | [月occupation金]
on 隔離社会 ひゃっほう
a0016843_211105.gif


新居にやっと、ネット回線が

インフラになって久しいネットすらないと、
隔離社会を痛感させられる

いたいいたい

まるで理論だけでは想像し切れない、永遠と繋がる
クモの巣のように張り巡らされたWORLDWIDEWEBの
正体を、初めて直感として体感するムンバイ郊外の
農村に住む小さな科学者の卵のごとく、繋がることの
絶大な力をいま、まさにあらためて感じてる

そして早く、寝よう


写真はチェコ

ちなみに映画、ミッションインポシブルの最初の方で、
イーサン・ハントが潜り込んだディナーパーティの会場が
左にたたずむそれ

写真真ん中ら辺にある、運河に面した茶色いゲートの脇で、
追跡を試みるエージェントが刺されちゃうんだよね

あの柳の木は、セットの一部だったんだ
[PR]
# by eclipseted | 2007-02-27 02:15 | [設design計]