<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
on ブロッコリーのような思い出
a0016843_3245663.jpg


先日30になった友達宛のメッセージ内容が
自分でも覚えておきたいことだったりするので書いておく。


__

おめでとう。

人生の第一コーナーを通過しそうですね。
快走中ですか。  徐行中ですか。


歳は、とるほどに時間の経過が速くなるとよく言われます。
4歳の時は一生の1/4、80歳にはそれが人生の1/80になるからという考え方ですね。

だけれど最近聞いたおもしろい話に、
時間の経過はどれだけ時間を密に使うかで決定する、というのがありました。


あるフランスの時間生物研究者が、
なにもない、真っ暗な洞窟にこもり
外部をシャットアウトすることで人体の記憶への影響を調べる実験を行いました。

結果ですが、
刺激も抑揚もない環境下では、記憶同士をつなげるイベントや体験がなくなるせいで、
自身の時間の捉え方がどうやら狂ってしまうようです。

実験はわずか24日間でしたが、
彼の認識では数ヶ月分の時間が流れていた、といことでした。


物事を思い出そうと記憶を手繰っても、手繰る物自体がないせいか「すぐに記憶の終点が訪れてしまう」。
簡単に言うと、時間の経過が早く感じられるようになるみたいです。

記憶が蓄積されることもなく、感覚的にはどんどん歳をとるスピードが加速する。
結果的に、内面だけがが着々と老いていくということですね。



そして同時に、またその逆も然り。

1日24時間を細切れにし、彩り鮮やかな体験や、感情の緊緩を伴わせることで、
記憶はとても頑丈でしっかりとしたバンドとしてつながり合い、結果として頭に残る。

記憶を辿る際には、それぞれの彩り豊かで質量のあるイベントが手繰られ、
もしろん意識の中だけだけれど、豊かな記憶のシリーズは、「時間を伸ばす」ことになる。


ブロッコリーのようなゴリゴリとしたものや
繊維が弛緩した、熟成肉のようにやわらかなもの。

色々な食感のイベントをたくさんたくさん咀嚼しながら毎日を紐といていく。
そんなことができる人こそが、心も頭も満たされながら
人生を永く永く楽しめるのだと思います。


怖じずに控えずに、今日以降もどんどんと
色々なものを経験し、咀嚼して楽しんでください。

それがきっと、三十路の先
若くいつづけることの秘訣のひとつでしょうから。
[PR]
by eclipseted | 2011-09-28 21:10 | [発insights想]
on また始めること


「また始めること」

の一番の条件とは、

それまでを
正式に振り返ってよい
と、認められるようになることである。


[PR]
by eclipseted | 2011-09-26 14:42 | [発insights想]