<   2005年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧
on 30年の過去問: ver. DAD
a0016843_10505847.jpg

今週は無性に父親に会いたくなった。
普段こんな気持ちにはならないのだけれど。

一年に数回、二、三時間程度の面会とともに、
舌鼓を打ちに美味散策しにいくような関係の父親。
会話はいたって平穏平熱。

               どこか非日常の期待を胸に、ドキドキしながら電車を乗り継いでいく
               自分は、いつまで経っても変らぬ子供そのもの。
               否定しない。けれど
               それを待ち合い場所と時刻が近づくに連れて、
               少しずつ斜に構えて冷静沈着に振る舞おうとする子供2
                も並行する。
               否定しない。

                ドライさが心地よい父息子関係だけれど、
                どうしても自分だけでは答えが出ない時、
                こんなことはいままでかつてなかったけれど、
                やはり太平洋の隔たりが広すぎると感じる。

二回目ぐらいかもしれないこんな心境を胸に、
仮に会えたとしたら彼とはどう接することになるのだろうか。
きっと自分が堰を切ったように開口し、
彼は聞くだけだろうな。
答えを持っているのは彼ではないし、
それは自分の中の積層された気持ちと考えの下に埋まっているのだろうから。
ただ聞いてほしいだけであることは百も承知。
けれど日に日にやっぱり自分は30歳離れている
この人と似てきてるんだろうな、
という気持ちのもと、彼には自分について知っておいてほしいことが
たくさんあることは事実。



                       最近よく思うことは、よく僕や兄弟をここまで
                       育ててきたなってこと。
                       決して、うちらは最高傑作ブレーンチャイルドになれ
                       たわけではないし、who knows, 明日大きく道を逸れて
                       帰らぬ異端児となる可能性がないわけではない。
                       けれど、自分は今は幸せだと思うし、これまでも
                       苦労してこなかった。順風漫歩にすくすく育って来れた。


うちの両親に限らず、どこの親もそうだろう。
子供が生まれて、
まだ一般化されやすい諸問題にぶちあたり、

仰向けに寝かすと呼吸がとまらないけれど。
自分みたいに後頭部が絶壁になったらかわいそうだ。

どこかの定石に頼ることのできない
応用問題に手を焼かす。

転勤帰国を繰り返したら、子供がぐれやしないか。
いつも自己紹介する度に泣く子供になってしまいやしないか。

                            すべて一人、いや二人で
                            手探りで一つひとつ試しながら育てていく。
                            マニュアルなんて、存在しない。
                            どこであっていたか、どこで間違っていたかなんて、
                            知る術もない。
                            ただあるものは、30年蓄積された経験と体験と
                            知識と気持ちとを
                            あさりにあさって
                            ちょうど自分より30歳分小さい分身ッ子に
                            一か八か、試してみる。

「うまくいっても、うまくいかなくても、その時はその時。
自分の分身ではあるものの、自分ではない。
きっとしっかり自立・自律してくれるだろう。
自分もこんなように、一人の子をぎりぎり育てられるように
なったのだから。」
なんてのが、所詮の心持ちだろう。

僕はそれで充分
満足だよ。


だからきっとあまりに答えのない質問を持っていったところで、
所詮自分の存在の一瞬のはけ口にしかならないことは分かってる。
ふんふんと聞く耳立てながらも、内心
カルビを焼こうか牛タンを乗せようか迷っているぐらいだろうから。
僕だったら、そうする。
ちなみに次はカルビ。

                          だけれどそれでも話したい時は話したい。
                          そのカルビをアミに乗せる一瞬だけ、
                          なんて答えてやろう、なんて思ってもらえる
                          その一瞬だけ、30年分辿っている血筋をもとに、
                          自分と僕のことを重ね合わせて繋がりを探して
                          くれているはずだから。
                          僕だったらそうする。



また来年、best wishes, a tout a l'heure
tedmatsumotoepicenter
[PR]
by eclipseted | 2005-12-31 10:25 | [友people達]
on holiday pink
a0016843_281051.jpg

[PR]
by eclipseted | 2005-12-26 02:08 | [発insights想]
on holiday red
a0016843_204872.jpg

[PR]
by eclipseted | 2005-12-26 02:01 | [発insights想]
on holiday white
a0016843_1583871.jpg

[PR]
by eclipseted | 2005-12-26 01:58 | [発insights想]
on holiday green
a0016843_1552662.jpg

[PR]
by eclipseted | 2005-12-26 01:55 | [発insights想]
on holiday blue
a0016843_1512065.jpg

[PR]
by eclipseted | 2005-12-26 01:51 | [発insights想]
on at 1AM when the lights fall
a0016843_2545059.jpg

彼は言った。
「そしてそのビジョンは、赫奕として私の瞼の裏に昇った。」
彼女は言った。
「その時から私は人のことを、いいな、と思うのを止めたの。」
僕は言った。
「問題は君と僕とじゃ、絶対にゴールデン免許をとれないような
 ドライビングだからなぁ...」

そして夢でまた、光のてんてんの軌跡の異端児を探しにいく
[PR]
by eclipseted | 2005-12-21 02:59 | [友people達]
on water, whether feather
a0016843_9113425.jpg

どうにも水の味がしない。   どうにも調子が悪い。
12週間のヒゲをそり落としても   シンクを満遍なく磨いても
スピーカーをずらしても。   ファブリーズを使い切っても
知らない表現を辞書で引き続けても   同じ写真を何枚撮っても。
半透明袋を不透明にしても   朝からラムレーズンでも
弟の、いまだに寝ている部屋を覗いても。  
ベースをたいても(彼も部屋も起きない)。
布団の上り下がりを確認しても。

どうにも水の味がしない。   どうにも調子が悪い。

[PR]
by eclipseted | 2005-12-19 09:31 | [発insights想]
on REQUIEM of a future past
a0016843_223532.jpg

少し伸びをしたいときは、
たいていそれがダメな時だ。

たまに郷愁に耽るときは、
たいていそれがダメな時だ。

気持ち甘えたいときは、
たいていそれがダメな時だ。

至極稀に喚き散らしたいときは、
たいていそれがダメな時だ。

僅かにまるで空き缶のように感じるときは、
たいていそれがダメな時だ。

たいていそれがダメな時は、
辺鄙な街並に逃げたいときだ。

たいていそれがダメな時は、
隣の子の真似をしているときだ。

たいていそれがダメな時は、
もどかしさが温もりに感じるときだ。

たいていそれがダメな時は、
夢を夢と決め付けているときだ。

たいていそれがダメな時は、
鏡の自分がニヒルな笑みを浮かべているときだ。

たいていそれがダメな時は、
皆が見てるけど見てないと感じるときだ。



24になるときは、
たいていそれがダメな時だ。
そのために24になるようなものなんだ。
そのために乗り換えるようなものなんだ。
そのためにも、未来へ帰るようなものなんだ。
そのためだ。そのため。
[PR]
by eclipseted | 2005-12-18 23:57 | [発insights想]
on AM1:51
a0016843_1555482.jpg

言葉にならない
不完全な気持ちを
手のひらに

スリへらされ過ぎた手摺を頼りに
車窓越しの流星群に見入ってみる

するとやがて指の間から流れ落ちる粒子が
いつもより大きすぎると
感じるようになる

いつか完全に止めたいと決めつつも

いつまで汲み取り続けられるか
分からなくなる時がやがて訪れる

今一度手のひらの
不完全な気持ちを
言葉にしてみても

あまりにも乾きすぎた水たまりの中でしか
はっきりと言えないことがあると知る

そんな言えないことがあると知り

そんな言えないことがあると知る

そんな言えないこともあると知り

そんな言いたいことも言えないと知る
[PR]
by eclipseted | 2005-12-17 01:56 | [発insights想]