<   2005年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
on Yoko and Dartmouth
a0016843_1385033.jpg

a0016843_13102090.jpg

18歳の妹を大学に送り出して来た。
末っ子であり、また二人の兄を持つ、
立場としてはロイアルストレートフラッシュ的な
無敵さを誇る長女が、初めて家元を離れて
カレッジに旅立つ。

親の仕事の関係で米国に渡り、
これまでずっとアメリカ人として育った彼女は、
昨日、夢にまで見たキャンパスを実際目の当たりにして
心の高揚を抑えきれていなかった。
もちろん人前ではそんな素振り一つ見せずに
クールに振る舞っていたのだろうけれど、
(これは自分や父親に似てしまった特質だ)
長年同じリビングルームで飛び跳ねて遊んだ
僕や、早朝の部活の練習から、
深夜のアルバイトの送り迎えをしていた
両親にはそんなもの見破れて当然だ。

最初の長女、最後の子供を送り出す両親の
決して埋めることはできない、
ぽっかりあいた空虚の159cmとは裏腹に、
彼女の目は終始キラキラしていた。
そしておそらく彼女と、一つ屋根の下で
一緒に過ごす最後の4日間は、我ながらおぼろげながらの
淋しさすら感じることになった。
なぜだろう。
たかが兄弟なのに。
とまぁ兄バカという言葉が仮にあったとすれば、
今まさにそれが似合う心境だろう。

一方で彼女の通うことになるダートマスカレッジ。
これは米国アイビーリーグ校の中でも極めて
人気のある私立大学。
毎年一台、メルセデス Eクラス。
ニューハンプシャー州という、本来スキーか
カヤックでもしないかぎりは絶対に足一歩踏み入れることが
ないだろうと思われるような、
まさに北国の州。
木と、そしてスキー場のために刈られた木々がなくなった
芝生しかない地方だ。
いや、これが好きで住みついている住人も何十万人と
いるだろうからあまりの誇張表現は控えるとして。

それはそれとして、
街全体がキャンパスとして機能し、
学生が自由闊達に行き交いあいながら
一緒に暮らすダートマス大学キャンパスの雰囲気は最高だ。
19世紀の赤煉瓦調の建物に囲まれた
青い芝生の上で、裸でフリズビーを投げ合う
それこそ表面的なアイヴィーリーグ光景も、
初めてルームメイトと交わす挨拶とハグも、
短艇部と法律勉強会の同時勧誘も然り。
全てが最初からアットホーム。

そんな歓迎を受ける五歳年下の妹の後ろ姿を見ながら、
大学を4年半やっている自分にとっては
もうそれはうらやましいと言える光景ではなくなったけれど、
でもなんとなくだけれど
もう少ししっかりと、
学生最後の4ヶ月を生きようと改めて約束する。

もう一度この先、学生として講堂に座ることが
ある可能性は否定できない。
ほら、なんでもありの世の中だから。
だけれどその時はまた、その時。
今は、また今。

妹よ。ぜひ、謳歌してくれ。
自分は大学五年生にして、新学期が楽しみだ。
[PR]
by eclipseted | 2005-09-14 13:12 | [友people達]
on ca va sa do
a0016843_1635316.jpg

23年間。
これまで佐渡島には行ったことがなかった。
正確に言うと、佐渡に引っぱられるきっかけが、
「24時間ある一日の中で、こなさないといけない
たくさんのやること」の引っぱりをかわしながら
露になることがなかったから。

でも今回はこれまで少しずつだけれど、
まるで定期預金の利子のように貯まっていった
きっかけを与えられ、それを使えてよかったと
心から思った。

それと同時に、まるでジュラシックパークのセット
になった、あの島のもののように
台地をまたいでそびえ立つどでかい自然に心を奪われた。

佐渡の車窓から、なんて番組があったら
それこそ真っ先に我こそは、とデビューを飾るのに
躍起になるようなそんな山々の光景。

いつぶりだろうか。
車の窓から頭を出して半分むせ返りながらも
それでも吸えるだけの空気を吸いながら
そこの香りを頭と肺に焼きつけようと頑張ったのは。
それこそぺたぺたと長い舌をだして、
全神経をフル回転させなくても空気を覚えて帰れる
ゴールデンレトリーバを、
羨望の眼差しで見ることもかつてこれまであっただろうか。
でも人間は慣れの動物だ。
窓と、動力と、道があれば、そんなの毎日できちゃって
突風向かい風にも負けない嗅覚を宿すことが
可能になるのかもしれない。
かといって車に乗らせてもらえる、世界中の
ゴールデンレトリーバに人間が嫉妬の眼差しで
見られることは、この先ないだろうとも思う。

そして慣れに関して。
住む場所や環境、生活のスタンダードに関して僕は
ある考えがあった。
それは
「今まで慣れ親しんで来たものから逸脱して、
 満足のいく暮らしをするのは並大抵のことではない」
ということ。

内面的な、ある基準値を基に、比較対象となる
行動や設えを執拗以上に依存させると

なんてのは疲れるので、
要はコンビニエンスストアになぜシャッターがあるのか
問うことすら忘れることや、6分間隔で滑りこむ
電車の遅さにいらだちを感じること、
銀行を問わずに預金をさらりとおろせることや、
100m先のスターバックスに行くのが
面倒くさいからタリーズでしょうがなくラテを飲むこと。
それらに慣れすぎてしまうと、
それが急に嗜好オプションとして
なくなった時に人は絶えられなくなると思っていた。

これはいささか甘い考えかもしれないけれど、
都会の便利さとけたたましさに慣れたのと同じように、
田舎のあたたかさと孤独さにも容易に慣れることが
可能なのかもしれない。
毎日が代わり映えなく進んでいくのは、
どこだって一緒なのではないだろうか。

充電しなくて次第にホコリをかぶる携帯電話や
アルミなのに海風で錆び付いてしまうキーボード。
朝6時に始まるパワーブレックファストと逆三角形食生活や
稲穂の風の揺られ方に敏感に神経なども。

今まであったものを、与えられて来たものを
全て忘れることはない。
だけれどこれからあるものや、与えられなくなるものを
全て覚えていくことは可能なはず。
それは全てが自分の生き方の選択の副産物だから。



ちょっとまとまりがなくなりそうになって来たので
これで終わり。


ちっちゃいけれど、でっかい佐渡。
よい夢をごちそうさま。
a0016843_1558590.jpg

[PR]
by eclipseted | 2005-09-10 15:58 | [場places所]
on go west
a0016843_139345.jpg


とびきりの好奇心はまだ健在か。
それはまだ、誰も知らない。

10日まで不通です。
10日まで不普通です。
[PR]
by eclipseted | 2005-09-05 13:09 | [場places所]
on "engines are go"
a0016843_1544658.jpg

[PR]
by eclipseted | 2005-09-01 01:55 | [設design計]