<   2005年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
on musical baton
a0016843_22512953.jpg

【Musical Baton】
音楽に関するいくつかの質問が「バトン」として回ってきたら
自分のブログ上でこれらの質問に答え
次の5人を選びその人にバトンを渡す
海外のブログに端を発する音楽に関する企画

 
momokoから回ってきた。
自分のエントリーのアイデアが全く形にならない。
とりあえず今日はこれでいくぞ。

Q1.  Total volume of music files on my computer
   (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
A1.  4.92 GB フランス語たくさん入っているのに、
    所詮こんなもの

Q2. Song playing right now (今聞いている曲)

A2.  "Piece of Mind" - Keri Noble
    "All You Wanted" - Michelle Branch
    "Time After Time" - INOJ
    たくさん歌える女の子三人

Q3. The last CD I bought (最後に買ったCD)
    Michelle Branch, The Spirit Room
    突然思い出したように購入、東横線の中で
    PowerBookに焼きつける。
    CDはその後紛失。 さては袋とともに捨てたか。

Q4.  Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
   (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

A4.  ○ "天体観測"-Bump of Chicken
     「僕は元気でいるよ、心配事も少ないよ」
     の部分が好き。

    ○ "Final Distance" - 宇多田ヒカル
     友達に借りる
     あ、結構いいね、
     そのまま47ヶ月
     未だに所持 返却意志なし
     ごめん、ごめん。   けどたくさん聞いたよ。
 
    ○ "Steal My Sunshine" - Len
     とてもポップ 
     とてもセンシュアル
     シャカシャカするリズムに魅了された。

    ○ "Escape" - Enrique Iglesias
     またもやポッピー これはテケテケするリズムの歌。
     歌唱力には圧倒される。

    ○ "Rez" - Underworld
     これを聞きながら設計をした。
     これがまたノリノリ
     そしてマウスはノロノロ。

Q5. Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)
A5.   yaz-コーヒー牛乳とフライデーズバーガーを好む友達
     宇多田のFinal Distanceは彼のだ。
     zono- 僕に似た友達
     彼から学ぶ。たくさん学ぶ。
     emi- フランスに似た友達
     彼女はフランス。フランスは彼女。打倒ストライキ。
     Peterさん多才な方
     色々な知見から話す方。
     トオルちゃん機会好学家の子
     4月から同期の機会好学家
[PR]
by eclipseted | 2005-06-27 23:37 | [発insights想]
on イスを拾うコト
a0016843_152319.jpg

研究会が遅く終わり、行く当てもなくさまよう夜道は湘南台23時。
今夜は親友とイスを拾うコトになる。
こよなく愛する、いつも煎り立てのスターバックス湘南台店で
僕らは改装中の店内と、多少の秩序を保ちつつも
無造作に路上に放置されたイス等と出会う。

足が止まる。


すたすたぴたり。


「すいません。このイス、いただくコトできませんか」と。
いったい何を血迷って尋ねているのだ、おまえは。

しかしイスは難なくお持ち帰りになるコトに。
would you like it gift wrapped, Sirs?

一気に疲れとわだかまりが飛び、一挙にワクワクと
ただならぬ愉しみに襲われた僕らはその後、イスを片手に
大量生産された夕ご飯を、比較的堪能しながら食らうことになる。

今日、マーケティング戦略の授業でこのような
言葉を耳にした。
「モノからコトへ」

既知のこの表現は、
「我々はあるモノに対する欲求や購買欲にかられる時は、
 決してそのモノがほしいのではなく、
 そのモノを手に入れた時の気持ちや雰囲気、空気や時を
 体験したい欲求があるということを意味する。
 いわゆるコトとしての体験に惹かれてモノを欲しがるというのだ」

そのモノを手にした時に快楽、満足感、広がる夢、躍動感や
親密感はコトの一つひとつを形容する。

僕らはイスを拾ったが、
それは何でもよかった。
テーブルの足でも、脚立でも、はしごでも、たらいでも、
ゴム草履でも、わらび餅でも、蚊取り線香でも、
ストッキングでも、虫除けスプレーでも、アミノ酸補給タブレットでも、
馬券でも、パーソナルタンブラーでも、スコヤーでも。
どんなモノでもよかったんだ。
それにまつわる、より向こう側にある、コトへの変換さえ保証されていれば。

僕らは深呼吸をし、そこにしかない空気を目一杯吸う。
ただただそこの空気を吸うコトに快楽を得る。
でもそれは交換不可能なそこでしかない一瞬を
たっぷりと食らうことでしか満たされない。
そう。我々はそのコトさえあれば十分。
だから毎日、そのコトを可能にするモノを探し求めて歩く。
モノからコトへ。
僕は賛成者です。



今夜はイスだった。
明日はきっとまた違うモノを探求したい。
それが次のコトへとつながる限り。
[PR]
by eclipseted | 2005-06-22 01:53 | [発insights想]
on 同期はビー玉
a0016843_9262431.jpg

小学校の席替え。毎回ワクワクしてた。
それが隣の席であっても、「班」という
運命共同体であっても、組まれ方の善し悪しによって
最高の一学期を迎えられるか、
どん底の一学期を過ごすかが、
まるで判決文を読み上げられるかの如く
決められてしまってたから。
その頃は「エンピ」とか「フケツ」とか「リンゴビョウ」とか、
怖いものがたくさんあったんだもの。それはそれは真剣勝負です。

そしてそれは後の中学校の旅行のホテル部屋や、高校のスキー旅行の
バス分け、大学の設計課題のグループ決めでも同じだった。
それらのグループは、誰もが認める、自分だけの帰属先だった。

昨日は来年から共に働く同期の人達との初顔合わせだった。
これまでの出会い、一つひとつと同じぐらい大切で、ワクワクした
機会であることには違いなかった。
しかしこれからひょっとすると何十年先も一緒に、同じ目標や
夢を掲げて歩んでいく人達との出会いだったこともあり、
特別な心境で朝目を覚ますことになった。

内定者懇親会。
僕は110人±αの帰属先を見つけた。
そこは小さい頃、まーくんが集めていた、大小色とりどりのビー玉が、
まばゆいばかりのlinoleumを四方八方に転がる場所。
みんなちょっとずつ光り方が違うんだ。だからそれを欲しがる子も違う。
みんな自分が好きでしょうがない、お気に入りのビー玉があるんだ。
誰にも渡せない自慢のビー玉が。
昨日はそんな人達に巡りあうことができた。

面白いことに、こんなにも違う人達が集まっているにも関わらず、
みんながみんな隣の人の目を見ながら、すごく楽しそうに話を聞き、
相手の気持ちや、考えてることを理解しようとして、
そして何よりもすごく互いのことを好きになりたがっていた。

普段気にも留めないような気遣いや尊重が、とてつもなく威力を発揮する
場所で、110人±αのビー玉が帰属先となっていった。

きっとどこかでエンピとかフケツとかゴガツビョウがあると思う。
おそらくライバルも食い違いも勘違いもいると思う。
そしてまだそれらのはじき合いの恐ろしさは想像できないと思う。

でも昨日はそんな、仲間と呼べる、素敵な同期と出会えて
本当にうれしく思えた。


席替えゼロロクは、今まさに始まった。
楽しみだ。
[PR]
by eclipseted | 2005-06-17 09:26 | [友people達]
on 目をつぶり、28歩
a0016843_12584387.jpg

今日の冒険課題:「目をつぶり、28歩歩き続けられるか」

言葉が洗面台にたまらずに流れていっているここ2週間。
日頃何を考え巡らせて、何と競り合いながら生活を
しているのかが分からなくなっていた。
活字に表す程大したことでもないけれど、気力がない
と言ってしまえばそれで終わりだ。でもそんな堕落した
ものでもない。
実際朝起きて、夜枕元で 朝がくるまで読みふけってやろうと
試みるも、睡魔と羊達の訪れに対抗できずに電気を消して眠りに
落ちるまでの時間は、僕にとって至極幸せな時間の連続であるから。
なんの問題もない、大好きな日常を送らせてもらっている。
(きっと上の方にいる誰かが大目に見てくれてるのだと思う)

きっと周りに問題がないから問題なんだろう。
人間、至極贅沢で純粋に喜べる時こそ、何かしら問題を探さないと
いけないと思っている。

そんな僕は人間代表だ。

そんな傲慢で放漫な毎日に対する処方箋は
「何かしらの冒険」食間に一日一錠
な気がする。


今日の表題「目をつぶり、28歩歩き続けられるか」
[PR]
by eclipseted | 2005-06-09 13:10 | [発insights想]
on 理系vs. パソコン1
My first SONYが最近うんともすんとも言わなくなってしまった。
Windows2000が発売される一週間前に98買ったけど、
フリーズして実験レポートたくさんなくしたけれど、
低温火傷もかるく30回ぐらいしたけれど、
それでも結構好きだったな。

捨てようと思ったんだけれど、個人情報保護法や、情報流出
などを懸念して、完全に水びたしにしてからゴミの日に
捨てようと思った。
(これはデジタル家電だから回収日があるんだけど)



anyway, データ消去してみた。水没。
a0016843_9371990.jpg


乾かしたのだけれど、さすがに感電したくなかったのでもう少し本格的に日干しすることに


からり。

a0016843_9382954.jpg




さらに  からり ! a0016843_9432742.jpg


さぁ!  日干しVAIO! いざゴミ捨て場へ。
と思いつつ、もと理系とあって中の仕組みがすごく知りたくなる。
思い立ったらすぐ行動



あれ、回転軸がおかしい
a0016843_9454568.jpg


超ポータブル
a0016843_948554.jpg


↓したへ
[PR]
by eclipseted | 2005-06-01 09:48 | [設design計]
on 理系vs. パソコン2
a0016843_9243995.jpgあっという間にデジタル家電製品から、5歳以上のお子様使用向けに

a0016843_9273123.jpgあ、インテル入ってたり 

a0016843_9284447.jpgちょっとscrabbleやってみたり

a0016843_9293430.jpgスペルできる語彙が少なかったり

a0016843_9281411.jpgしたけど、
最後はグッバイ、キャジュアル ラグジュアリー
[PR]
by eclipseted | 2005-06-01 09:32 | [設design計]