<   2005年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
on 活動後記 6
a0016843_9263417.jpg

コネ、to connect, to contact, connaitre
就職活動で初めてコネの世界を実感した。
コネがある、ない、とは影響力を持つ内部の人
と繋がりがある、ない、というもの。

カンパニーAの取引先にカンパニーBがあったとする。
カンパニーBの社長さんには、B美という娘がいたとする。
B美はカンパニーAに入りたがっている。当然のごとく、
カンパニーBの社長の大切な娘B美を採用すれば、
互いにwin-winな契約が結べるから、カンパニーAにとっては
B美の存在は極めて大きい。

そんじゅそこらのサークルの幹事や30カ国を回ったバックパッカーや
ゼミ代表なんかとはわけが違う。
だから圧倒的にB美の就職動向は周りのコンペティターとは
優位性が異なる。
コネ子B美は、100m走で言うならば80mヘッドスタートを
切っている。自分のような一般人(リクルーターなんて
ものも一切接触ないからね)にとってはまったくわけわかめな
20m走なのだ。だからどうにかしてでも社長の娘という、先天的に
どうしようもなく変更が利かない状況以外で、コネを作るために
必死になる人が絶えないことは言うまでもない。

そして実はコネって簡単に作れるものなのだ。
例えば政治家とのコネ。まったく面識がなくても、
自分はこうこうこういう者です
なんて手紙を書き、大学での研究内容や共感してくれそうな夢などを
淡々と語れば意外と反響があったりするものなのだ。たとえ学生で
あったとしても、キラキラ輝くように見えるものを持っている人は
誰にとっても魅力的なもの。エスペシャリこのご時世自分に興味を
もってもらえて、支持してもらえたら決して悪い気はしない。政治家C。
あわよくばこれだけで、自分とはほど遠い政治界の中でコネができて
しまうことになる。

しかしこんなことを思う僕なんかと同じようなことを考えて、
実際に行動に起こしている学生って、星の数程いることにも
留意しないといけない。同じように政治家Cにはコネ依頼状が
たくさん届くのだ。そしてコネは毎日のように成立する。
コネ発行システムなんかが出来上がってしまっていたら、
同じ「政治家Cとの知り合いコネ」なんて数千もの数がある
可能性だってある。あちゃちゃ。あまり差別化できないコネ
になっちゃったね。

一方で未だにコネ採用というものは企業の採用活動では健在だ。
だってビジネスに効率がよいのだもの。最大結果を生み出す
チャンスだ。企業もなんとかしてよいコネをもった学生と
接触してみたいのはいとも簡単に分かる。

だからコネ枠がある。
200人新卒を募集していたら、100人分はコネ枠かもしれない。
だから一般人の僕らにとっちゃ、その100人分はいい迷惑に
しか過ぎない。不利に見える。だって枠が半分になっちゃったから。
けれど、ここでちょっと考える。
コネをもっていることが判明してしまうと、否が応でも頭数100人分
のコネ枠採用に分類されてしまうんだ。自動的に。
けど上記の通り、コネを持って臨む人は星の数ほどいる。
10000人が政治家C,D,E,F,G,H,I,Jのコネ保持者だとしたら、
10000人が100人のコネ枠で入社しようとしているんだ。
10000人の一般学生がもう一方の100人の一般枠に応募
しているのと同様に。

しかもコネ枠の場合は、そのコネの優位性だけで順序づけがされてしまう。
だから政治家Hのコネなんて、もう書類選考時点できっとはじかれて
しまう。フェアな闘いがそこでできなくなってしまってるんだ。
政治家Hのせいで。コネはちょっとした悪魔のささやきに転じかねないのだよ。
政治家Hのせいで。

長々と書いてしまったけれど、言いたいことは二つしかない。
一つ目は、コネはwin-winビジネスの基本
二つ目は、コネ枠競争は想像以上に熾烈

なんでこれに気が付くまでこんなにも時間がかかったのだろうか

[PR]
by eclipseted | 2005-04-29 09:55 | [発insights想]
on 活動後記 5
a0016843_12361145.jpg

あの日あそこのホテルでご一緒した松本哲郎です。
あの時の司会者、若かったですよね。きっと入社して
間もなく人事の新卒採用担当に配属された方ですよね。
あの時、実は彼も相当あがっていたんでしょう。
自分達が一秒たりともそらさない、緊張のまなざしを
浴びながら講演してましたから。
あの日一所懸命彼が話されたお話はあいにく、僕の人生を
変えるようなきっかけになることはなかった。
それでもきっと大勢の僕たちのような学生を釘付けにする
ことはできて、多大なる力を分け与えることとなったのだと
思う。就職活動ってフリー演説会にたくさん足を運んで、
将来の自分の投資先のポートフォリオを整理するチャンス
なんだろう。いい話は引き出しの中へ、そっと忍び込ませておく。
たくさんの引き出しは作らなくてもよいのだけれど、
なぜって結局自分は一人しかいなくて、最初に入社する会社は
一社だけだから。けれど46㎡のマンションとは違って、
頭の中にタンスはいくらでも貯蔵しておけるんだよね。
たまにタンスごと紛失する場合もあるけれど。
だから冬越え前のシマリスのようにせっせと引き出しをつめる
のも、今しかできないことだったんだ。

それはよしとして、活動中
たくさんの学生と出会って意見を交換し、気を遣い合い、
よそよそしく振る舞ったり、少しいつもより横柄にでて
みたり、もう二度と話さないだろうな、この人とはと
思いつつも連絡先を交換したりしたな。いつも
「お遊びでもうしわけないです〜」といいながら
配った、申し訳ない程度のお遊び名刺もほとんどなくなった。
だから余計に思う。
あそこの車両であった彼、どうなったかな、と。
恰好よい黒いバッグを持ち歩いていた彼女、引き出しつめてるかな、と。

脳裏でライフスタイルを想定することぐらいしかできない今、
あなたがたにとって最高の2005年の春を祈っています。
[PR]
by eclipseted | 2005-04-28 12:55 | [友people達]
on 活動後記 4
a0016843_171566.jpg

あらためて思うこと
それは自分だけの、自分のための時間ほど
社会に出ると作りにくい、ということ
一日起きている時間が18時間、
エネルギーを蓄えたり、
体を清潔に保ったりといった、ごくまれに
体の通常機能が正常に作動するために用意されている時間が
そのうち4時間、
通勤時間がそのうち2時間半、
その他の11時間半は多かれ少なかれ、純粋に自分のためだけ
ではなく、いち社会人として必要とされる業務を遂行するための
時間に当てられる。
11時間半だ。
純粋に自分のためだけには使えない時間だぞ。11時間半。
信じがたいことだけれど、自分で好き勝手振る舞う時間なんて、
もはやないに等しい。いや、好き勝手に振る舞うことが好きな
人ほど、それをする時間を作る要領はまさにないと思うので、
自分を含めたそんな人達にとっては時間を作り上げることなぞ
並大抵の業ではなさそうだ。

11時間半も仕事をしている。
そんな中、わざわざ金曜日や土曜日の夕方の貴重な自分だけの
時間を費やして、英語を学ぼうとか、料理教室に通おうとか、
息子の自由研究を手伝おうとか、奥さんのために手料理をごちそうするとか、
資格習得の勉強に費やそうと思う社会人に、自分は多かれ少なかれ
感心する。多大なる力を費やして、この先6、7年後の自分を
思い描きながら今、自分の12時間半を全回転で動かそうとして
いるのだ。しぼりだしているんだ。
ミキサーで混ぜて、抽出しているんだ。
ゼラチンでかためて凝固させているんだ。



そして僕に残された時間は、329日。
ted school 329days

お前がどれだけ動ける人間になれるかは、この329日の残された
時間の動かし方にかかっている。とっても期待している。
[PR]
by eclipseted | 2005-04-27 01:06 | [発insights想]
on 活動後記 3
a0016843_10101348.jpg

結婚しよう
と繰り出しても、白い目であしらわれるようなことが起こらない
のが就職活動中の会話の特権。
見知らぬ人と、毎日のように出くわして、友達になりたい、
また なりたくなくても話しかける機会があるからだ。
高い可能性で、出会う人達とは今まで一度も面識がなかった
自分と似たような人達。同じような窮屈で真っ黒な鎧をきて、
同じようなストーリーを心の中で暗記し、同じような暗雲立ちこめる
面接会場へと足と運んだ「なかま」なんだよね。だから同等の
緊張感と同等の安心感を感じて求めていることも容易に想像できる。
だから座った瞬間から、前略なしで盛り上がれる会話がもう既に
用意されているんだ。大抵の場合、見知らぬ人と会話をすることに
よって、緊張はほぐれるし、事前に自分のことを口頭で説明する
予行練習ができる。
ただ相手に気を持って話しかける人も多いけれどね。
就職活動を続けると、このように見知らぬ人にも馴れ馴れしく、
かつ謙虚に接する業が身に付いてくる。だけれど外界では充分に
気をつけないと、うっかり話しかけるべきではない人にも話しかけ
てしまう自分がいることにふと気が付いたりする。

他人のオフガードを攻めることはくれぐれも控えるようにしよう
他人に結婚しようと繰り出すのはくれぐれも控えるようにしよう
[PR]
by eclipseted | 2005-04-25 10:17 | [友people達]
on 活動後記 2
a0016843_16131392.jpg

コールガール
job searchをしている間に感じたこと。
それは毎日の生活を通して、自分はコールガールの
ごとく動いていたということ。

前日の夜、朝から放置されていたオムレツのたべかけの
皿やどんより溜まった空気をかき分けて家に返ってくる。
着替える矢先、ラップトップを一人開き、自分宛の
特別なお便りや連絡事項とを睨め合う。

幸いにも呼び出し通知(合格通知だ)が着ていれば、
瞬時に指定されたウェブサイトにとび、自分専用の
ログイン名とパスワードを記入して、されに指定された
期間の中から自分が最も都合がつく日時を探し出し、
「時間枠」を予約する。コミュニケーションの介在は
そこにはない。

朝が来ると、機械的に寝着からぱりっとしたスーツに
身をまとう。気分と相手の顔を想像しながら、その日の
自分にもっともあったネクタイを選んで締める。

今日の行き先は....
丸の内→品川→銀座
よし

電車に揺られながら、その日のプレゼンテーションを即座に
考え始められ。。ないので、到着する5分前に緊張を頼りに
ようやく思考を巡らし始める。と、同時に窓ガラス越しに
横目で自分の今日の表情の許容範囲をみぬく。
(自分は夕顔だ。だから朝は目があまり大きく開かない。
 口もそこまでまわらない、など)

電車は毎日うん十万人が往来する主要駅に到着し、自分は
目的地へ向かう。
先日なりにパソコンで予約しておいた場所へいくと、そこには
自分の名札と自分の時間と自分のお相手が用意されている。
そして僕は自分の名札と自分の時間を思う存分に使って
自分のお相手を満足させるためのプレゼンテーションをする。
自分の時間が終わると、自分のお相手と別れを告げ、そして
自分の名札を返却する。

なんとも簡単なこと。しかし
とても不思議なこと。
どこかへたどりつくと、自分の「ものたち」がそこに
用意されているのだ。
どこへ行っても。
もちろん事前に予約はするし、そういう契約システムが働いている
のは分かるのだけれど、それでもつくづく不思議だと感じる。

job searchはコールガールを作る
[PR]
by eclipseted | 2005-04-21 16:15 | [発insights想]
on 活動後記 1
a0016843_8203414.jpg

6帖の僕の部屋はまるで少し成長の時期を遅らせて育った
セミのひからびた抜け殻のように、5ヶ月前の疲れた姿カタチを
未だに留めている。5ヶ月の時間の流れをほうふつとさせ
ないその有様は、まるで中身の人間が毎日持ち帰った疲れのオーラ
とため息の大群を吸収し、自分の代わりにまるで年をとって
くれていたかのように疲弊しているのが分かる。


部屋にありがとう。

あとで換気とファブリーズするから

そんなわけで見方によっては五ヶ月、厳密に言うと二ヶ月半、
体験した就職活動を終えて感じてきたもの、学んできたものを
これから何回かに分けて書き留めておこうかと思う。
きっとこれから先何かのきっかけで、スパゲッティーを茹でる
お湯が沸騰して、びっくり水を入れるコップを不意に探さないと
いけなくなった時のように、考えていたものを頭の引き出しから
すぐにとりだせるようにするために。

活動後記 1
大好きな設計とか、ルーズな日々とかを犠牲にして「とりあえず専念」
してみたjob searchは、実は毎年やってみたいと思う。
(もちろん終わってからこれは言えるものだ)
なぜか。
大きく分けてこの理由は二つある。
まず常に相手に分かりやすく伝える姿勢を意識することができたから。
普段から「わかりにくい」「おちがない」「グローバルスタンダード」
と言われていた自分にとっては、外に向けて自分の意志を伝える訓練
ができたからだ。今まで自分が持っていた銘柄や肩書きなんてものが
一切存在しなくなる初対面の相手とのやりとり。限られた時間
の中で、いかに自分が思って感じていることを、簡潔にスマートに、
そしてたまにはウィッティーに伝えるかが要求された。これは社会に
出たら四六時中体験することなのだろうけれど、自分の名前だけで
自分を売る行為は、ぬくぬくと育ってきた僕には
これまで未曾有のものであった。いかに曖昧な言葉を使わないか。
いかに相手の世界で話を切り出すか。いかに自分の世界の話と
つなげるか。これを丁寧に改めて考えさせられたことがjob search
で身につけられたことだと思っている。

次は言葉にするとフラットだけれど、いかに多種多様な人種がいるか
を知れたこと。12年間、まったく聞いたこともないような国から
来ていた人がいる海外で生活した自分は、正直他の人よりは
少なからず「ちょっと国際的」かななんて自分のことを思っていた。
ところがこの考え方は一瞬にして覆された。
社会にでて働いている人と話をする機会に恵まれ、多かれ少なかれ
異なる業種職種の人と見解を交わすことを体験した。

みんな、ほんとうに、ほんとうに、とっぴで、おもしろいこと、
それぞれ、かんがえてる、のね

とまず感じた。奇想天外な内容は日常茶飯事。自分の心に訴えかける
話し方や想像の域を絶する発想力、寸分の狂いもない論理性や
飽きれるぐらい真似できない楽観的思考。みんな持ち味と個性が
異なっていることが同じ職場一つ、同じ部署一つ、同じ科一つとっても
伝わってくる。(もちろん人の数程この個性っていうものはあるんだけれどね)
けれど人はどこまでも多才で、どこまでも人と違う世界を
必ず持っていること、それを毎瞬間感じることができた。

もう一度、言葉にすると本当にフラットに聞こえかねないこの二つ。
job searchをしてよかったことの筆頭株主達だ。
おそらく勢力図は変らない。
[PR]
by eclipseted | 2005-04-20 09:03 | [発insights想]
on 内定
a0016843_027790.jpg



いただけました

現実味が全くないです
明日の朝、起きてびっくり、実はうそだった、なんてのは耐えられないぞ



[4/15/05 13:46-User Unset]は着信履歴に残ってます
[PR]
by eclipseted | 2005-04-16 00:27 | [発insights想]
on あなたは幸せにならなければならない
a0016843_20562710.jpg

自分、すごくちっちゃいんだ

「理由もなくはしゃいだりする」って質問の答え、本当は○しなきゃいけない。
「同じことで悩んだりすることがある」って質問にも、マークシート埋めないと。
だからこんなメッセージでも、気にかけちゃう。

 あなたは 幸せに ならなければ ならない

嬉しいメッセージは、最終面接まで運んでくれました、
今日。

そして面接官の方も、自分のことを精一杯努力しようと歩み寄ってくれる。
手を差し伸べてくれる。
ヒントをイースターバニーが落とす、イースターエッグのように
ぽとりぽとりと落としてくれる。
俺は拾う。
拾って、答える。 笑顔で答える。
「拾いましたよ」と
そうすると、煌めく眼光から
ほんの少し笑みがもれる。
「よく拾った」と。

自分、すごくちっちゃい。
だけどこれからもたくさん拾っていく。
そして少し大きくなったら、今度は自分も
他の人のために落としていきたい。
拾いやすいように、落としていきたい。

こんなちっちゃい自分、
今日は5カ所で拾ってもらった。
最後まで拾ってもらう。
これからだ
[PR]
by eclipseted | 2005-04-11 21:07 | [発insights想]
on 撃沈
a0016843_8325235.jpg

朝起きると、昨日の夜の空気が漂っている日が多い。
Ctrl+Alt+Delが眠りじゃなかったのか。

特に今日は重い。
外は晴れているのに。
桜は咲いているのに。
昨夜干した洗濯物はもう既に太陽の香りを放っているのに。

どんより重い。
息を吸っても、肺まで到達してこない。
これが将来を見つめることなのだろうか。
とつぶやきたくなる。




そして少しつぶやいてみる。
..たところで変るわけはない。
でも自分一人じゃ、到底闘えない気がするから


こんな時だから一人ひとりの声を蓄えておきたくなる。

リラックスすることだよ
がんばれ
つらいところを外に見せないことが大切
今年の桜は今年の思い出として残しましょう
よい一日を
君ががんばると僕の励みになる
何をいうか
ダブルAなんてこれまで見たことありませんよ
あなたには刺激をうけるよ
もっと胸はって強くいくこと
ゴキブリみたいなやつをほしがってるから
私でよければなんでもおっしゃってください
どこかで君を必要としているしさ


あそこで拾ってくれた二人の無愛想な面接官さん
がんにらみし続けても拾ってくれた面接官さん
強情な自分をここまで頼ってくれる友達
ルーズでしょうがない自分に声をかけてくれる友達
そんな一つひとつの出会いに謝謝です

自分はまだ生きてます
今日は昨日より一つしぶとくいきたいです
今日はまだ8時56分なんで
[PR]
by eclipseted | 2005-04-09 08:59 | [発insights想]
on stunningly beautiful you
a0016843_205428.jpg

感無量=すごい=しびれる=きた

筆記試験を立て続けに受けている今日この頃

ある言語テストの出題で、美しさとは饒舌な
批評家をも黙らせることを言う とされていた
言葉に言い表した瞬間、本質が誤って修飾される
不安がつきまとう
果たしてこれで伝わりきるのだろうか
見逃した要素はないのだろうか

それが不安でたまらなくなるが故に、
最後にでてくる言葉は
「すごい」だったり
「やばい」だったり
「しびれる」だったりと
妙にでっかいまとまりでくくってしまったりする

不断にものの本質を見極めて他人に伝える
ことを仕事としている評論家でさえも、
あてはまる言葉を模索できずにいることがある

そんな中、僕が発することができる一番適切な
言葉はやはり
「すごい」の一言に尽きる
[PR]
by eclipseted | 2005-04-03 20:07 | [場places所]