<   2005年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧
on "I Spy"
a0016843_2233958.jpg


I spy, involves the reader to search for
objects and shapes in a picture full of
miscallaneous pieces in a specific scene.

No matter how beautiful these extra pieces
may be, finding them isn't the goal of this
game. Just like real life, the reader must find
what is asked for in a sea of miscellaneous
goodies.



春休み、秒刻み、好調
キーワード: NSS, ADK,DNTS,CTL,WSH,JNO,MIN,MTS,FRA,SGO
朝、規則正しいよ
でも火曜日ぐらいから眠い



1月29日
すごく映画がみたい
すこし家に帰りたい


ところで君は本当にオーストラリアから帰ってきたのかい?
[PR]
by eclipseted | 2005-01-29 22:38 | [発insights想]
on 2年4組 本郎哲松
a0016843_10281464.jpg 春休み初日の昨日、めずらしく就職活動らしいことをしてad agencyを訪れにいった。いわゆるOB訪問も初めて体験してみた。(させてもらえた)よい刺激を与えてくれる友達にも出逢えた。ちょっと考えをまとめてからそれについては書こうと思う。

それはそれとして、
人は、いつも身をおいている、慣れ親しんだ枠組みから少しでて冒険をする時、今まで暗黙の了解として認められてきた、character(あえて英語にする)がおそろしく欠落することに驚かされる。もちろん当たり前のことなんだけれど、今まで自分を作り上げてきた歴史、ストーリー、経験、散歩道がいつのまにか自分の陰にひっそりと姿を消してしまう。いつも大きな顔をして構えていたcharacterがすぅっと消えてしまうと、こっちもやたら心細くなって萎縮してしまいかねない。
やはり、ある程度いままで「純粋培養してきた自分」を
そのまま継続的に主張しつづける方法を習得しないと
新しい環境においての自身が発揮できない。環境が変わっ
ても、これまでの自分の枠組みを維持しつつ新たな受け入れ
体勢を作り上げる。重要。

いささか脱線してしまったけれど、そんなこんなで昨夜
12時頃、自分の現時点での枠組みを、言葉で表す道具とし
て、名刺を作ろうと思った。もちろん肩書きや帰属意識が
独り歩きし、それを頼りすぎてしまうこともあるだろう。でもそれ
が今の自分を作り上げてきた材料だとしたら、それが自身を
語る上での自信となるようだったら思う存分見方につけるべ
きだと僕は思う。

そしていざ名刺を作ってみると、思いのほか自分を語るものが
ないことに気がつく。もちろん趣味、し好、好きな詩、本
や、これまでの自分の生い立ちが時系列上に示せたらより
自分像が浮き出るだろうけれど、一般的な名刺は

そこまで自分像を内包するだけの道具にはまだなれない。

だからある程度自分のcharacterをカタチにするための
「名前」を載せてみる。
そして気がつく。

もし自分がいま学校をやめ、
走るのをやめ、
英語を教えるのをやめ、
携帯電話月額使用料金を払うのをやめ、
ホットメールサイトの画面更新時間の長さに耐えられなくなり、
利用をやめてしまったら

名刺には生まれた時にもらった名前と
(しかも英語名はもらってない)
へなちょこりんな "t"と"m"の頭文字だけとった、
空白を埋めるためだけのロゴとも言えないような
ロゴしかなくなってしまう
a0016843_10581922.jpg


 
... あら すっきり

これを見ると、今の生活をやめることがいとも簡単にできて、
自分を主張する、言葉としての枠組みもいとも簡単に奪回
されてしまうことが分かる。

でも同時にもっと大切なことに気がつく

それは

名前は存在し続ける 

こと

それを頼りに自分の歴史、ストーリー、経験、散歩道を
他の言葉や枠組みの助けを必要とせずに語ることは可能
だ。実際に択捉島のような場所でこれらのレーベルが果
たして意味を持つかといったら、答えは自明である。
自分の経験を糧にする事に問題はないが、空虚な枠組み
という肩によりかかりすぎると、一人になった時にいき
なり頼れるものがなくなってしまうだろう。
べただけれど自分独りで等身大の今の自分を伝えること
の練習を僕は今まさに必要としている。
[PR]
by eclipseted | 2005-01-28 11:16 | [設design計]
on 一期一会vegetable boy
a0016843_2344673.jpg


[一期一会 vegetable boy]

It's hard saying goodbye
to people we get to know so well
through minutes spent together
to smiles passed and shared

it's hard saying goodbye
to people we get to know so well
especially when they are kids
adorable, little monster, angel, darling kids


"this is what I made in school today.
his body, his body, is , made from....
do you know..?
uhmm.. uhmm. his body is..

MOUNTAIN POTATOES!! he he
and then, it has stripes!! potatoes!
and then and then, these,
well these eyes,,, they are,, uhm, green and
so, they are cucumbers!!! he he
and the mouth, here,,, h-hi- his mouth
it's a garlic! but he doesn't smell..!
nope, no smelly!! he he
and then, and then, the head is
red peppers. red peppers.
there was green peppers, and uhmm
yell- yel-yellow peppers, but
I was slow... so I uhmm.

got only red peppers!! he he
and see these?! well, these,
these, legs and arms and legs and arms...
these,, these are...uhmm. uhm ...
GREEN SOMETHINGS!! he he
He looks so happy, and he is!! he he"




God help these kids grow to be forever gifted
Because I don't have the powers vested in me
to cherish these magical smiles myself

So innocent and special these individuals,
I am afraid I may dim these illuminescents
if I take even one step closer

we won't see eachother anymore
but I really really do hope you continue
your utmost best at doing what you guys
do best

being adoring, little monster, angel, darling kids

thanks for the bright smiles guys
make your mommy proud
[PR]
by eclipseted | 2005-01-26 23:22 | [友people達]
on 走召 反抗期
a0016843_11331363.jpgS: よいっ っしょ、  っしょ
L: また登ろうとして.. あなたはお兄ちゃんじゃないのよ.
落ちてけがしてお茶っ葉が出てきたらどうするのよ.
ほら、はやく降りなさい.まだちっちゃいんだから.
S: .. ....



S: やぁー!
L: っ! あ、登れたのね! すごいわね. できると思ってなかったわ.
S: ハァ、ハァ、ハァ..........
L: ほら、じゃあもうすぐご飯だから、降りてらっしゃい、
S: ... いや...降りない... ご飯なんていらないよ!
L: まぁ、なんてこと言うの! すぐさまTallに叱ってもらいます
S: いやだっ、 僕は今までだまっていたけれど、こんなとこ、いたくない
L: まあ! スモールのくせに! あなたはここで立派なミントティーになるのよ!だからあれだけ、葉っぱ育成講座に通って選抜されたのですもの!



L: まぁ、どこへいくの! 引っ張るのを今すぐお止めなさいったら
引っ張るのを今すぐお止やめなさい! S: だってあれはLやTallの夢じゃないかっ. ぼくは生まれてこのかたミントティーになんてなりたいなんておもったこと一度もないもの. だからここにはいられないんだ.
L: 信じられません!許しません!Tall!!, 今すぐ来てちょうだい! Sがっ Sがっ!

        プチっ



L,S:   っ!
S: さようなら、お母さん
すたすたすたすたぁー
L: Sぅっ! 待ちなさい!!  まって! Sぅっ!!!  
S: 見てて、お母さん. アールグレイに負けない、立派なお茶っ葉になって帰ってくるよ











感情移入しすぎ  
試験でしょ、試験!!!!  本気でイタイ子だ
[PR]
by eclipseted | 2005-01-24 12:08 | [練training習]
on お話 9am(改訂版)
a0016843_1343634.jpg


一人の青年との待ち合わせで一日が始まった。
人が無駄に旋回していない朝のひと時を満喫させてもらった。

[議事録]

色々な失敗をしたいと思う。
色々な失敗をして欲しい。
その時は生きるか死ぬかの死活問題かもしれない。
としても、あなたの五年前の大失敗なんて大して大きくないでしょ、
今となっちゃ。
照れ笑いしながら話せる一つの転機だったと思える失敗を
する。
今日冒す致命的なミスは、三年後にはネタとなり、自分の一部となる。
だから失敗を恐れなくなりたい。


まったく自分が会った事のない人と関わる。
まったく自分が会った事のない人と関わって欲しい。
そして自分と、その人しか持ち得ない関わり方を育みたい。
二人で「うちら色」を作り上げる事に専念する。
必ず後に「そばにいてよかった」と思える
一生のパートナーを探す努力を惜しまない。

根暗で一人が好きだと告白してくれる人、九時から説教じみた
話をしてくれる人、勝ってるよ と言ってくれる人、
とろける恋愛相談しかしないけれど、探しにきてくれる人、
一緒に建築に真っ向勝負をする人、心を笑顔にさせてくれる人、
そこにいないのに優しい事を陰でサポートしてくれる人、
寝ないようにがんばっていただけなのに感謝してくれるひと、
あんなにたくさんの人を文句なしに作ってくれる人、

みんなありがとう。だよ



[あとがき]

いつも代り映えのない人生論をブログで述べて終わっていて、
なんか同じ自己発見とかたくさん繰り返してるだけなんじゃないか
って思うけれど、

自分でも、


でも実際毎日如実に感じることを書いてるつもりなんだよね。
とても哲学的とか詩的とか言われるけれど、なんていうか
毎秒毎秒 ズコーン ってくるひらめきや見解が
あるわけではないことも事実だし。
ただそういう ずしりと 重たい心境に
ぶつかったときは、ここぞとばかりに
頭の議事録に残してる。毎日。

でもうちもそんなにブライトなほうじゃないから、
結構意識を集中させないと 
こんな文章でも書けないんだよね。
感じたことを凝縮して限られた文体につぎこむ
ことも
(かなりはみでてるけれど)
毎回やっているけれど、なかなか慣れない。

要は言いたい事は、こんな同じような
重たいことを四六時中考えているわけではないよ、
ということ。あくまでも2年後の自分に
読んでもらうために、内容が似通っていたとしても、
その時一番重要で,凝縮している感情をメモとして
残しているだけなんだ。
読者さんには いつも重たくてそして似てる感情のメモだね
って思われるだろうけれど、それが目的だからね。

それではよい日曜日を
[PR]
by eclipseted | 2005-01-23 02:08 | [友people達]
on bath time
a0016843_0224278.jpg

[序章]
失恋をした

うまく伝えるのができない性癖によって、
僕はまた一つ踏み外したことになる。
成果物は過程を如実に表す。
そこで最後に見えなければ、それは最初から存在しなかったのと等しい。







森の中で木が倒れるのを誰も聞かないのと一緒で。







スーダンの国で青年が、聞こえないため息をもらすのと一緒で。





表現が本質に伴わないもどかしさほど痛切な屈辱はない。
しょせん目で見えるもの、耳で聞こえるものが優位性をとって
独り歩きしてしまう関係だから。目に見えないものに気づいて
もらう暗黙の了解はそこには通用しない。0.6秒で決まる
第一印象の好意不好意はそこにはない。あくまでも与えられた
600秒前後間の凝縮された時間に、言葉とモノを規定の
場所に配置できるかどうかだから。
そういう点では恋愛とはいささか違うのかもしれない。
場を共有することで互いに理解したり、
奥に潜んでいる伝わってほしいものを確かめ合う
関係とは異なる。
そして合理と現物優先の契約的なコミュニケーション
にもとづいたやり取りでは、必要以上のエトセトラは
意味を持たない。要求されたものたちだけがただただ
600秒間に、可能な効用を最大限に発揮する
だけが問われる。ほかのコたちは評価されない。
そこにあっても。
そこで手をふっていても。
そこで飛び跳ねて、叫んで、とびっきりの主張をしていても。
彼らは見てもらえない。
そこは本当に目に映る本質しか意味がない世界だから

あがきにしか聞こえないようなこんなあとがきを
うまく言葉にする事もできないけれど、それでも
自分のために残そうと思う。いつか振り返った時に
ちらりと姿を見せる弱い場所を再確認するために。
そして自分には言葉がなくてもひしひしと伝わる
本質がここにはあるから。


実際失恋はしてないよ 
[本章]
久しぶりに時間をかけてあついシャワーを浴びる。
ゆっくりと、湯気を冷たいバスルームいっぱいに
充満させてから、体についたため息とやつれを
洗い流し始める。ヒゲも、結婚式の前のように
ゆっくりそってみる。あまりもとから生えない質だから
いささか不慣れな手つきで、僕には重すぎる
三枚歯のカミソリを操りながら念入りにそる。
うちは童顔だから、はえないヒゲがのびると
少しは中学生っぽくなくなる
(つい先日こちらのサイトであがった
ばかりの話だけれど)



ちなみに童顔であってよかったと思う点は、
駅員さんに「切符をどうやらおとしてしまいました」って
謝る時に許して通してもらえることと、
街頭でピンクチラシをくばられないことぐらいかな。










だから実際に夜、危ない場所をあるいていて声をかけられると、

















「え、本当に僕ですか?」









って思わず聞き返したくなる。





いずれにせよ、男の人がヒゲを剃り終わった時に感じる、ぴっかぴかに
生まれ変わる新鮮さを、自分も生きている証拠として実感する。
頻度と程度の問題で、幸いにもうちは6日に一度感じる
ことができるから、他のひとより毎回新鮮に感じている気がするけれど。
続いて髪を丁寧に泡をたくさんたてて洗う。今は髪が短い分
シャンプーは本当に楽で、頭皮に指腹を感じる。自分で
マッサージしていて寝そうになるときに、いかに長いあいだ
ゆっくりと髪を洗っていなかったが分かる。
呪縛とプレッシャを微粒な泡と一緒にお別れをする。
さようなら、またの機会にでも。
その後は必要以上に長い間、時間をかけて体を洗う。
足の指の先まで丁寧にあらう。ちょっと腕が細くなった
のに気がつく。ここ数日間やつれていたからかな、と
思うと同時に、じゃあ出たら腕立てでもしよ、っと思うぐらい
しか気に留めないけれど。そして誰もが認めるぐらい
まったく必要ないほどの泡をたてて、部屋中を真っ白に
する。自分の身も身の回りも一緒にクレンジングだよ。
とり損ねていた水分を、シャワーホースの取手に向けて
大きく口をあけて、ごくごく飲んでみる。








41℃のお湯だけど。



















めずらしく甘い。















砂糖??

やたらたくさん、目に入ったけれど、
















でも 




















美味




















そしてもう少し飲んでから、胃が





意味もなく














暖まりすぎてきたのを感じてやめる。


















けれど
元気がでないのと、
元気よく飲むことは違うと初めて感じた。













こんな久しぶりの儀式を終えてから僕は今日は寝るとしよう。
気残りもわだかまりもくやしさも
一緒に布団のなかにもぐりこんでくるけれど、
今日は寝ようと思う。



今日は彼らがいても、きっと秒殺だな。
野比のび太君にも勝てる。
おそらく圧勝。

チャンピオンベルトとか、
ビクトリーランとか、
ティッカーテープパレードとか、

みんなみんな連れ込んで、そして眠りに落ちる。






明日はsfc、坂研打ち合わせ、catal打ち合わせ、11歳の子の英語、
インド料理だ。

一日惜しみなくつかってやる。









and I hope you have a good dream as well.
[PR]
by eclipseted | 2005-01-21 01:00 | [発insights想]
on steki
a0016843_9513915.jpg


steki   





steki









steki











steki











steki













in



2014 AD





JR Tsujido Station becomes



















stekiJR辻堂station
[PR]
by eclipseted | 2005-01-19 09:55 | [練training習]
on with my own feet
a0016843_22234083.jpg

走るのに蝕まれる。
好きじゃないけれど、毎日時間を作ってこれをやる。
場所はRiver Vale Rd. だったり
鶴見川だったり、
明治学院大学キャンパス内の望遠橋だったり。
お腹も空くし、時間はかかるし、やっぱり少しずつ
削れる習慣だと思う。
けど明日はまた、それが
約束の時間に遅れることに起因しても
やっぱり、重いマンションのドアを
開けて重い両足を運ぶんだろう。

これまで少なくとも意図して走ってきた距離。
8.5km/日×4日/週×52週間/年×6.3333333年。
1618.438キロ。
東京から沖縄県那覇市までが1600キロだ。
地球から太陽が1億4960万キロ
地球から月までが38万4000キロ
そして地球一周は40000キロ
うちからデイリーヤマザキまでが450m


おそらく僕は明日も、明後日も、明々後日も
また同じようにすり減ったナイキ・エア・クキニを
履いて一日のノルマをこなすよ。
最終的な目標は、せっかくだから地球一周ちょっとしたい。
計算するとあと148年かかるけれど。
でも敢えて171歳で達成できるかできないかも
分からないような目標を今日ここで決めようと思う。
理由なんてないけど。
理由なんて必要ないし。


これからどう育って、どう転ぶかは分からない。
けれど一つずつその断片をファイルして、
自分の本棚のコレクションにしていきたい。

今は那覇市をでて、ちょうど20店ほどの
コンビニを過ぎた路頭でヘトヘト走っているけれど。
これからきっと面白くなるよ。












そして設計課題がおわらない!!

ふえぇええぇぇぇっ



  _
_| l ○









なので20日夜まで、自分、ブログ書かない 書けない




またその時、読みに来てください
[PR]
by eclipseted | 2005-01-16 22:50 | [練training習]
on ときどき
a0016843_2325762.jpg


素敵な詩を見つけた
灯台下暗し、いつもそこにあったのに



君が思い出になる前に 
     もう一度笑ってみせて
冷たい風に吹かれながら
     虹のように今日は逃げないで

                歌詞:草野正宗
[PR]
by eclipseted | 2005-01-14 23:14 | [発insights想]
on "what you never know won't hurt you"
a0016843_029445.jpg

今日の言葉:
 "What you never know won't hurt you."- Sarah Brightman
「はみだしそうな笑顔」-草野正宗

毎週水曜日は放射線技師の日


120分間、干支を自分より二周も既に多く
回っている人々を前に、僕はしぼれるだけの
ウィットをぶつけつづける


磁気共鳴と、心電図と、白衣と、造影透視と、
完全に




アウェイ戦


しかしこんないっぱしの男になりきれていない
ひよっこな僕を、彼らは大切にしてくれる



健康を大切にし、
愛妻弁当を大切にし、
仲間を大切にし、
そしてなによりも
患者さんを想いやる心を大切にするように

そんな彼らもまた、僕は「エリート」と呼ぶ
そして彼らもまたこんな僕を「エリート」と呼ぶ





「いやいや、貴殿はエリートでございますね」







「いや、めっそうもない、貴方様こそ真のエリートです」
   





「いやぁ、私なんぞ。貴方様の方が、本当の意味でのエリート」






「いや、いや、そんなたいそうな、貴方様のほうが..」










やめぇい!


そんな彼が昨夜のマッチの前にこう言った

「テッドさんは、医学部にいこうと思わなかったのですか?」

「はい
 行こうとは思いませんでした
 なんでかは分かりませんが
 きっと考えなかったんです」

そしたら彼はこう言った

「それは正解だったかもしれないね
 
 我々の仕事はいつもマイナスから始まるんですよ

 ゼロのものをプラスにもっていく職ではなくて、
 やっぱり初めてゼロからさがってしまったマイナスを
 いかにゼロにもどして、あげるか

 ぜったいにゼロを超えてプラスを目指す仕事ではないんだ

 だから君のように、プラスを目指すクリエィティブの
 仕事というかフィールド, とてもあってるよ」



人のために自分を人より多く削る彼の言葉は突き刺さる

そして少し多めに彼の目の深いところを見つめてしまう

今まではゼロサムゲームで進めてきた自分が
いつのまにか小さく見える

そこには背伸びなんて必要ない
隠し事も秘密も羞恥も必要ない
ただマイナスをマイナスと捉え
プラスをプラスとみなす見識を育てるだけ

それだけさ
[PR]
by eclipseted | 2005-01-14 00:28 | [練training習]