カテゴリ:[広imagery告]( 4 )
on 覗いたのに怒る
ざっくりと書く

600,000人に本物の声が届きすぎてしまった話
ある女の子にまつわる、真偽の価値

a0016843_8104725.gif

ご存知Youtubeとは、投稿された動画ファイル等を
無料で閲覧できるネット上のサイト。
生死をさまようスタント満載の自作映画が載せられたり、
著作権が俄然無視されている日本のアニメが観られたり。

そこにとある女の子、「Lonelygirl15」(動画の名前)が現れた。
この子、自分のベッドルームにビデオカメラを設置、
Bree(発音はチーズのブリーと一緒かな?)と名乗り、
自らの生活の悩みを淡々と語っていく、いわゆる動画日記を
載せてみた。

語り口調でしかも女の子が赤裸裸に悩み(例えばキスが下手)を
語る物だから、Breeファンはそのうち増えていく。
ところがちょっと前に、アメリカのとあるニュースメディアが、実はこの
Bree、実在する女の子ではなく、脚本家、舞台監督、そして
演技を学んだ女優(みんなそれぞれひよっこ)が作り上げた
キャラクターに過ぎなかった、と報道。

それが引き金となり、ファンは怒った、嘆いた、奮闘した。
600,000視聴者は「だまされた」と感じたのだ。

やっと本題。
果たして怒り奉りあげる対象になり得るのか、このBree日記動画集。
信じていたものに裏切られた衝撃があまりにも大きかったのか。
企画ものと明確にしなかったがためにとがめられているのだろうか。

番組やドラマの真偽の妥当性は、観るものの判断基準と見極めに
よって定まるもの。エセと思って観れば、それは所詮ドラマ止まり。
世に送り出した「作品」が視聴者に真実に基づいたものと
捉えられていて、でも実はそうでなかったこの動画日記。
制作者は騙したことで咎められる。ホントに妥当なのか?

制作者に、騙そうとした悪意があったかどうかは知らない。だが

覗いたのは視聴者。本気で信じたのは視聴者。
その数分間のBreeとの「会話」
に耳と気持ちを傾けたのは視聴者。

ネット上に落ちている「動画日記」は虚偽のものであっては
いけないのだろうか。
偽だと知ったらその価値は半減するのだろうか。
偽ものと本物を区別できずに、我々は抗議する
力を有するものなのか。
それとも純粋に心が動いてしまった
600,000人の失恋の補償はやはり必要義務なのか。



疑問だ。

ちょっと理解に苦しんでいたから書いてみた。
本物の空は、今日も外で澄み切っている。
[PR]
by eclipseted | 2006-09-25 08:11 | [広imagery告]
on 1ピコリットルの行く先

1 pico L とは 一兆分の一リットル
見えない小ささを、驚きを盛って魅せる。
それが今回の試練。しかもモノ自体の
関与度が極めて小さい。そんな提案。
限界がある気がする。技術の訴求どまりだと。
a0016843_1046754.gif

psyop

NEW→Diet Coke→04→play
音量をあげよう


上は土曜朝からめちゃめちゃはまった
ダイエットコーラの宣伝。
楽曲: Paul Oakenfield+Shifty
"Starry Eyed Surprise"
ローラーガール: Nicole Vicius
所詮色がついた
アスパルテームとカフェインの飲料なのにも
拘らず、この世界観。うなる。
コーラなんて、極めて関与度の低い製品で
あるから達成できるものなのか。
それと同時に個人的には
色がついたアスパルテームとカフェインがゼロカロリー
だってことにも十分感動させられる。

むしろこの技術を謳ってはいけないのか?

現段階での考えのヒントは、ロシアとカリフォルニア

[PR]
by eclipseted | 2006-08-12 10:47 | [広imagery告]
on 写真のきまり
a0016843_2321277.gif

写真にはとてつもないこだわりがある。
 だから好きではない写真は絶対にブログに載せない。
勿論自分で撮るのが好きだから、引用はあまりしない。
「これは見事!」と思える写真に出会ったら、模倣でも
自分で撮りにいく。ちなみに僕はプロでもマニアでも何でも
ないし、市販のデジタルカメラの平均価格よりも少しだけ
安いモデルを使って撮影しているのだけれど、
そんな写真を通して考えていることを
少し整理。

大きく分けて、「哲学」と「きまり」

まず哲学みたいなのがあって、ずばりこれ。
「目で見えたものを、そのまま観せる」こと。
以上。
これが実際結構難しい。
実は気がつかないけれど、目で見て
「うわぉっ、これはんぱない」
って感じる時って風景全部をひっくるめて
「はんぱない」のだと思っている。
視野が広がる170°?(よく分からない。僕、詳細に弱い)
は見ている被写体の周りをただただぼやんと
取り巻いているだけなのだけれど、その周りのぼやん
まで含めて臨場感とか、圧倒感を感じるのだろう。
勿論通常のカメラはそんな角度分の風景を一緒に記録
できないから、そこで工夫が必要になる。

僕が工夫することその一。
出来るだけ、臨場感がでるように、周りを頑張って撮る。
そのためには、下から撮ったり、斜めから撮ったり、遠ざかる
感じを見せるために撮ったり、ありんこの目線で撮ったりする。

いきなり工夫について書き始めたけれど、これは全て
「哲学」のあとの「きまり」に入る。
だから「きまり」はすべて「哲学」に直結している。

工夫その二。
一番撮りたいものが何だかはっきりさせる。
それは川なのか、カップルなのか、空なのか。
ちなみにこのセーヌ川で一番撮りたかったのは
壁と壁の間の、川の少し上の空間。
見えますか?

目に見えないものが被写体とかって、ちょっと
いんちき詐欺師みたいだが、実際そうだった。
肝心なのは、その被写体を撮るために、他に
同じ枠に何を入れればよいのかを見つけること
かもしれない。

その三。
観ている人を不安にさせない。
ちょっと説明。
よく高層ビル(例えば六本木ヒルズ森ビル)に圧倒
されて撮りたい衝動にかられるけれど、あれは結構
難しい。
なぜ「はんぱない」かを考えると、
自分が地面に立っていて、ビルも地面に立っていて、
そしてビルは上空まで伸びて空に触っているけれど、
自分の頭はぜんぜんぜんぜん下の方にあって、
空には触っていないということ。

訳分からないかもなので、さらに説明。
要はビルは「何と比べて高いのか」を写真で
観せない限り、高いと感じられないのだ。

だから根元も写真におさめ、同時に一番上も写真に
おさめる。上の写真で言うと、右側に立っているマンション群の
一階も、そして最上階が空に接する部分も、全部写真に
入っているということ。

どんなにヘアスタイルが奇麗な人の写真を
撮りたくても、僕は絶対に足から頭まで、全てを
写真の中におさめるようにする。よって、下半身が
ちょんぎれて写っていない被写体は、完全にバックグラウンド
に等しいと思っている。

勿論友だちと一緒に肩を組んでアップで撮る場合は
これは該当しない。なぜなら、これはこれで
肩や胸、洋服が表情のバックグラウンドになり得るからだ。

観ている人の不安は、ビルが一体どこで始まり、どこで
終わるのかが分からない時に高まる。
そんな不安とストレスを出来る限り取り除くことで、
より「目で観ている絵」を写真で表現できると思っている。
僕はここで無意識に粘っているような気がする。

ちょっと長くなったので、
今日はその三で終わり。

明日も仕事。
田町まではDavid Ogilvyを読みまくる。

[PR]
by eclipseted | 2006-07-02 23:40 | [広imagery告]
on 広告の力 スープの力
昔からことあるごとによく泣く子だった。
今日も会社で泣いた。
テレビのCMを観ながら泣くの
は初めてではなかったが、じん
わりさせられるとしょうがない。

広告には大切な役割が一つある。
それは浸かれる世界観を作ることだ。
そしてよりイメージしやすい空気を出す
ためには、次の二つが最も大切。

一つ目は、人が発見しきれていな
かった欲求をコトバにして見せて
さしあげること。そして二つ目は、
広告の対象になっているものを
人の私生活の中心に置いてあげ、
そっと息を吹き込んであげること。
その二つができると伝わり
やすい世界観が生まれる。

こんな仕事をしてみせる。

僕が勧めるこの作品は、クノール
スープの商品広告。今年のカンヌ広告祭
で賞を受賞した一作品。

ビデオコンフェランスを前にした。
ついおしゃれをしたくなる。
いつか手料理を振る舞いたい。
スープを煮る時間が好き。
待つ時間に価値がある。
いつになく距離を感じる。
音楽の力を信じてる。
大切に思える人がいる。
信じるのを絶対止めない。

そんな人たちに勧めたい。

見る

a0016843_21552377.gif

[PR]
by eclipseted | 2006-06-27 22:20 | [広imagery告]