on who does it belong to..
a0016843_12162244.jpg

This is the Seine flowing right through the central district of Paris.
People there know how to integrate the waterways into their life style.

Okay, interesting news..
280 million yen has become property of the prefecture
of Saitama, after six months and two weeks of witholding
without anyone cl
aiming to be the owner of the sum.
The money was found in a garbage dump and abiding
by the law, the state reserved it for anyone claiming
it to have possessed and lost the money.
いろいろと首をかしげるおかしな要点があるんだけれど;
例えば16人が所有権を主張して名乗り出たが、誰一人として
それを確認できる根拠がなかったこと。根こそぎ金目宛で
きている人はさておき、本当に自分がなくしたと思い込ん

署に出向く人も16人の中ではいるのではなかろうか。それなのに
他人が自分と同じ主張をしていることはきっと当本人としては
不思議で、なおかつやたら迷惑であろう。
もう一回。
やたら迷惑だろう。
but wait till you hear this.
The man who found the money tried to claim possession of
the money, but the city turned his claim down.
Why? Because the city as well, wanted to obtain the
cash(extra pocket money for the city officials), so this
is what they
did.
「市は「資源ごみを無断で持ち去った」(男が)と、窃盗罪での告訴や
所有権の主張を検討した」(according to the毎日新聞 今日の話題
but residents did not let the city have it easily either.
they claimed the city to be 「せこい」with 570 anonymous letters
and messages so the city declined possession of the money.
At the end, the state of Saitama went ahead and gained the
whole 280million yen.
おかしいでしょ。まず最初に。市は市民が570件あまりの
「せこい」
メッセージを寄せたため、所有権の主張を断念した。と。
合法的処理法があるのならばそれにしたがって金を所有すればよいでは
ないのだろうか。そしてそのような処理法がなかったとしても
「せこい」と市民に思われるのがいなめないから県に譲渡したというの
はどうもおかしい。そもそも適切な処置がとれないのなら最初から
所有権の主張をしなければよいのに。
つぎにおかしいと感じたのが、「資源ゴミを無断で持ち去った」から
告訴されそうになった男性。まずうちはこの法律を初めて知った。
程度にもよるだろうけれど、それではホームレスがアルミ缶をあさって
いたり、学生が馬券を研究するために雑誌を拾っていたり、
ビジネスマンが帰りの車内でのための読むもの欲し
さに夕刊を
探す行為ももちろん違法になるはずだよね。法の適宜主張というのは
おかしくないか?場合によって、「あ、すみませんね、2800万円の
場合は法を適用させていただきますのでご了承ください」なんて
どこにもないだろう。じゃあどこで違法と合法の境目を決めるのだろう?
極上メロンが箱に収まったまま捨てられていたらどうだろう。
(ちなみにメロンって極上であってもなくても、おいしさは
あまり変わらないと思う。そもそも誰が口にいれたらとろけるほどの
やわらかさと蜂蜜をしぼったような甘さがおいしいと決めたんだろうね。
果実なら甘いほうがよいと考えるのはまだ全うな意見にしろ、やわらかい
ほうがよいかどうかは賛否両論じゃないかな。I personally have no
respect for mushy soft fruits .)
Anyway, here's another example.
Let's say a sculptor(彫刻家)presents the cit
y with a beautiful
decorative piece. The city, accepts the gift(meaning possession
now lies with the city) but throws it away in a confidential(極秘に) manner.
Fortunately or unfortunately enough, the sculptor one day,
finds the sculpture in a garbage dump. He's surprised, dissapointed, and
mostly angry to find it there. So he decides to bring it home.
But the city finds out that he has taken the scuplture
(given as a gift initially/当初贈呈品としておくられらたもの)but
claims that he cannot take it home, because
「資源ゴミを無断で持ち去ろうとしたから」
True, it's not his any more, because he gave it as a gift, but
didn't the city also give up possession because they had
thrown it away? Then who has th
e right to claim it's
possession now?  

that's it for now

[PR]
by eclipseted | 2004-09-08 13:06 | [発insights想]
<< on in memory of.. on where air me... >>