on local rules (11)

a0016843_0362646.jpg
Today I came across a humorous scene in the Toyku Toyoko line.
東急東横線で何気に面白い会話に出くわした。

Three guys dressed in construction apparel, with bandanas and
withered T-shirts were talking amonst themselves.
よれよれのシャツにはちまきの現場作業着を着た三人の男が
会話をしていた。
"Avocados?! Avocados?? hey, since when were avogados
called avocados!!"(looking at a banner right above the railings)
「アボカド?!え、アボカド?? いつからアボカドは
アボガドじゃなくなったんだぁよ!!(手摺の上の吊り広告を見ながら)

Another agrees with him and starts pronouncing the
word as he were some stupid kid trying to distinguish between
the "M"s and the "N"s. もう一人が賛同して
少し遅れた子供のが「へ」と「ぺ」の音の違いを確かめるように
連呼し始めた。

"avocaDO....avoCAdo....avo.."
「あぼかド........あぼカど.....あぼ....」
People attracted or annoyed by the clan either look towards or
away from them(some in awe) but the relative number of
people staring is maintained, since roughly equal the number
of people turn to look at them, and the same number turn
away from them.
飽きれて彼らから目を離して視線をそらす人と
物珍しげに振り向いて彼らを見る人の人数がほとんど一緒なため、
常に一定の人々が注目しているようだが、いらだちを感じる人と
若干興味がある人が混在しているみたい。

Then finally a third blurts out suddenly yet calmly,
"Does it matter much, as long as it's understandable??!!!"
そしてようやく三人目がもの静かに、かつ
唐突にこう述べた。
「どっちでもいぃじゃん。つうじりゃいいんだゃー!」

so the conversation ceases about the ever attractive
pronounciation of the avocado, to something about going to
a karaoke box and one of them pleading for money to be
lent to him.

そこで白熱していたアボカドの発音の話はパタリと終わり、
カラオケボックスにいく(この時点で一人はカラオケ代が払えないと
言い散らしている)話になっていた。

I didn't listen from there on, but they had a point there, about
things not mattering much if it were understandable.
そこからの話に聞く耳は一切もたなかったが、
彼らが言っていた、通じればその過程はそこまで関係ないことが
比較的納得しやすいものだった。

For example, you should watch in on one of those
ASEAN meetings where representatives of numerous
Asian countries sit and exchange ideas and thoughts
on fiscal policy.
もう一つの例として、様々な国の代表者が集い、互いに今後の
政策に関するアイディアや考えを共用しあうASEAN会議などを
みるとよい。

Although the commonly accepted language of the nationals
is English, what they speak there is a far cry from anything
close to English.
一応集い合う国々の認識(規約?)として英語が
共通言語として起用されているが、そこで交わされる言語のやりとりは
英語と呼べるものからほど遠くはなれているものだ。

Grammar ceases to exist, intonations and accents are
like ugly war cries, and words just seem to 'not make sentences.'
文法は存在せず、アクセント、韻は
まるで民族の戦闘奇声のようで、言葉は文の構成要素として
使われてなくて、ただただ行き場が分からないから羅列されている
様に聞こえる。

はっきりいって

ひどい


But here's the thing. They understand what is being
talked. No one has problems undertanding. And no one is obviously
there to correct the grammar mistakes, why try to
oblige to a more burdensome task of speaking correctly,
a language they are not born with.
でもこれが重要。代表者達はなにについて話されているかを
十分理解しているのだ。理解に苦しむ人はいない。そしてあたりまえ
だが、そこには文法の間違いを指摘する監視人はいない。だとしたら
自分がもって生まれたわけでもない言葉を話す必要はまったくない。

As long as there is a common rule, based on the locality of the group.
集団のローカリティに基づく共通項としてのルールがある限り。
So relax guys, Avocados qualify.
これからもアボガドと呼び続けてくれ。
But one thing. talking quietly among oneselves and not spattering
saliva all over the train cars I thought, used to be a well resepected rule too.

だめだ、長いと時間がかかりすぎる

[PR]
by eclipseted | 2004-09-02 23:43 | [発insights想]
<< on details (7.5) on fast things ... >>