on ママ と 3F鮭定食
a0016843_23453699.gif

今年二人の友達が、奥さんになり、
ママになった。

そしてなぜかみんな、なり終わったころに連絡をしてくる。
なんかいい点数の答案用紙だけ親に見せるのと少し、似てる。

昨日、同期と二人で、3Fで夕ご飯を食べた。
「てぃっどよ、俺は海外に行きたい」
と彼はしきりに連呼していた。
どうやら子供には異国で育ってもらいたいみたいだ。
僕もそう思う時がある。実際自分は帰国子女として、割合、というか
かなりラッキーな境遇を経ていまいる場所にこれたから。

でも、3年ずつ転校をして、カラカス(ベネズエラの首都)やラオスのような
都市で、そこが決して自分の母国ではないと知りながら幼少期を過ごさ
ざるを得ない自分の子のことを想像するのも
考えるものがある。
結果としてオーライという体験しか、表面には表れないからね。

そう。まるで点数のよかった答案用紙みたいに。

Anyway, 彼と僕は鮭を注文した。
いろいろなもののために健康でいたいし、
ここまでこれたことへの感謝の気持ちの表れでもある。

12月には25。四捨五入して30だ。
そう思い始める年頃なんだと思う。


友だちにCadburyチョコを贈ったら、昨夜先輩がCadburyチョコを買ってくれた。
なんだか新しい循環。
[PR]
by eclipseted | 2006-08-29 23:45 | [発insights想]
<< on ananが育む on 微笑むプレミアム >>