on 適当なツール
自分の道具は、うちらのツール
a0016843_13474360.gif

B & O A8イアフォン
LAMY 2000ボールペン
Moleskine ポケットノートブック

消しゴムを最後まで使い切ったことがないのに
いつの間にか一丁前の道具を揃えてる。
書き方鉛筆は、卒業も出来ずに中退したが
LAMY サファリはインクを乾かしかねない大胆
な使い方をする。

道具を揃えて一体いずこへ、と自問する。
それは果たして自分の投資か、自分の消費か。
極めて曖昧な境界線を、その都度修正し
ちょこちょこっと書き直す。

今週に限って言うならば、全部投資よりとの判決くだる。
真っ黒な同期と、真っ白な親友と、
気鋭な先輩と、角を減らした父親と
気の許せる時間と他愛ない話の種となれば、
道具は初めてツールとなる。

うちらにあった、適当なツールという投資。
更地に線を引くのも、このツール。

[PR]
by eclipseted | 2006-07-29 13:58 | [発insights想]
<< on 泣ける 数 on ジュニア 音読  >>