on pre-show stage
a0016843_01357.jpg
日記でたまに書く、まったく意味のなさない書き込み。
それらはたいてい日付が変わる10分ほど前に出現
するのは「毎日日記が書かれているとブログが
思い込むための言葉達」で、いわゆる場所取りに
すぎない。それは本舞台の前の前座。若い(若くもない)
どこか自信がなさそうな、そり残しがあるコメディアン。
渋谷駅東横線ホームで、元町中華街方面から来た電車
が、乗客を降ろすために反対側のホームに面して開いた
車両のドアがしまってから、こちら側のドアが開くまでの
数秒間。テレビのスウィッチをつけてから、画面が整うまでの
間。場所取り場所取り場所取り場所取り。
すべて場所取り。
だが、このときの書き込みは、いわゆる本音がでている時
が多い。だからほんとうならば、この日付が変わる前に
数秒で書く書き込みのほうが、このような長い、言葉を
多かれ少なかれ選んで書かれた書き込みよりも重要な
のかも。。意味をもつもの。それはまるで古代ギリシャ建築の
隣接する前庭に、なにもない空間なのだが、絶大な存在意味を
持つもの。


って、うそ。
ただ毎日日記を書いているように見せたいだけ。

[PR]
by eclipseted | 2004-05-26 23:06 | [発insights想]
<< on maestro mori... on "helpin... >>