on "comfortable surroundings"
a0016843_235625.jpg
今日:14510歩
昔から僕は怖がりだった。
I used to be afraid of absolutely
anything and everything.. 強風でも、大雨でも。
だからいつもシェルターとか、保護膜のような、
包まれる気分の場所が好きだった。So I took
refugee in places that wrapped me around.
寝るときとかの布団がいい例だった。布団をかけるんだけれど、
した端、足の方は内側におり、両サイドも内側に丸めて
まるで蚕のようなからを作らないと寝られなかった。
I would always tuck in the outer sides of the
blankets as if to create a cocoon to sleep in.

そして今も変わらない。布団は内側にくるまないけれど、
もっと規模の大きい保護膜を回りにいつも作ってる。
things don't change much. though I don't
make cocoons out of blankets, I still always
have a protective membrane around myself
良くも悪くも保護膜
for better or for worse, it's a protective membrane

この写真は日本三景、松山で撮った一枚。
せり立つ両壁が、眠くなるほど落ち着く。
comfortable spaces depend solely on the individual.
this is definitely one of mine.

[PR]
by eclipseted | 2004-05-18 23:57 | [発insights想]
<< on the "bi... on "the fu... >>