on せいしゅん の おもむき
a0016843_1464994.jpg

バトンだ。ほらよ、みたいに手渡されてさ。
しかも手渡しの一連の動作を、かなりの時間をかけて練習した
走り手なんてのは、バトンと自分の手がしっくりぴったり
まるで何かの魔法のようにくっつくように手渡ししてくれる。
いつの間にか握らされていて、それでいて自分の手は既に
拳を作っていてギュッと力さえ入れている。
こんにゃくだったら、十中十、ちぎれるだろうなと思いながら足はもう
回転しているのね。

とりあえず[青春]について。


質問1:小・中・高の中で一番思い出深い時期は?

小学校:転校して初日から、給食を食べてた。
 もちろん給食セット、みんな持参。母親は持たせてくれて
 なかった。というかそもそもそんなこと気にもかけてなかった
 んだろうな。お昼、一体どうするつもりだったんだろうか。
 それはともかく学校からの帰り道すら、教えてもらえてなく、
 帰りに泣く。アホな子。アホな親。
 anyway, 給食セットを善意で貸してくれたSH子ちゃんは
 顔が色黒でワイルドだったので、最初は断り、その次に善意で
 貸してくれたSりちゃんのを二つ返事でお借りした。
 彼女は色白だった。

中学校:好きな子が、有名私立中学校に転校することになった。
 決してチャンスはなかったけれど、そして話したことがなかったけれど、
 ぼーっと眺めていた流れる雲が、「あれは冗談だよ」と
 言いに降りて来てくれればなぁ、とか思ってた。
 友達は隣の芝生でバスケをしていた。
 初めて、悩みがないのって、幸せだと実感。

高校:この辺は利害関係がばれるレベルになってくるから、消極的に書く。
 ある写真をロッカーの中に貼っていたら、「その写真はいやだ」と怒られ、
 「もっといい写真貼れば良いのに」と言われた。
 途中を端折るとそのあとすぐふられた。でもあの時ふられて良かったと思う。

 
質問2:1番お世話になった先生は、いつのときの先生ですか?

 英語の先生。がちゃめでクルクルの巻き髪で、自動販売機の上に上っては
 一着しかないズボンを引き裂き、、とことん変態的な発想で、ビデオの途中のエロシーンで
 一時停止するような先生だったけれど、彼は今も会いたい。
 出世してるとよいのにな。あぁいう先生が足りないご時世だから。
 
質問3:得意だった科目は?

 全部こなせた。ETCでVolkswagen Golfがすいすいと
 LANDROVER ディスカバリーを抜いていくのと似たような具合。
 でも授業は聞いてた。馬耳東風、馬に念仏、猫に小判、豚に真珠
 哲郎に授業。


質問4:では、苦手な科目は?

 苦手はなかった。給油所でTOYOTA Priusの
 ドライバーが、真夏日に列をなして餌を運んでいるアリの大群を、
 虫眼鏡を使ってじりじり焼いているのを横目で見ながら,
 「うわぁ〜、なんて話しかけにくいんだぁ〜」
 なんて思うような苦手さはなかった。

質問5:思い出に残った学校行事を3つあげてください!

ポッキーグラム:50セントと引き換えに、かわいいディズニーキャラクターの
 カードをもらえる。そのカードに宛先を書き(送り先の名前)、収集ボックスに
 投函する。すると、バレンタインの日とかに、カードが宛先のヒトのロッカーに
 ポッキーの袋と共に投函され、なんだかみんな「一様に」ハッピーにバレンタイン
 を迎えられる。
 友情と愛情と情を改めて実感する、NY慶應の一面。
 
 写真撮影:大嫌いの一言。襟シャツ、ネクタイ、蝶ネクタイ、サスペンダー、
 くし、鏡、ジェル、ワックス、折り目のズボン、全てその日だけなくなればよいと
 常々思いながら小学校、中学校時代を過ごした。いつも半泣きの顔。
 oshareが自分のためではなく、人を喜ばすためにあったと信じていたころだ。
 その矛盾に気づいて以来、指数関数的に写真撮影は好きになった。

質問6:学生時代はクラスでどんなキャラでしたか?

小学校:ちっちゃな子と一緒にガンダムのおもちゃで遊ぶ子。
中学校:ジャパニーズで、走るの速い、細い子。

質問7:学生時代の友達からの呼び名は?

およばれとか、されない

質問8:好きな給食のメニューは?

自動販売機で売られていたTWIXバー。
二本入っているものの、友達に見つかると、
くれ、ギヴ・ミー・フード、とねだられ、提供するのがオチ。
そうか。君らは友達ではなかったのか。今分かった。

それから自動販売機で売られていたFUNYONSという、
揚げタマネギリングのお菓子。
何一つとしてFUN要素はないパッケージと味。

それから日本で出た、ヨーグルトフルーツサラダ。
フルーツなのにサラダとは何ぞやと、いつもつつきながら
半信半疑で口に運んでいた覚えが絶えない。
ちなみに「ソフトサラダ」味のお菓子も、「なぜに?!」と
問いながらひょいひょい口に運んでいた覚えがある。


質問9:学生時代に出会った友人はあなたにとってどんな存在ですか?

喜んで自分の命をかけたいと思う仲間。

質問10:次にバトンを回す人

ぞの: ボールは右足にくっついていましたとさ。
とおるちゃん: さぁ、ぼけるのだ。今こそ、ぼけるのだ。
モモイロ: 青春を横目で冷静に見てきた感がある子。
明香ちゃん: のびのびと成長した感がある青春。
松岡さん: きっと自転車オイルとか、ローションとか登場する青春。
ともぐい: 青春嫌いそう。
ヂゲンさん: 絵がもう既に物語っているかも。
ふっちー: シェイクスピアン。きっとシェイクスピアン。
[PR]
by eclipseted | 2005-10-25 01:37 | [発insights想]
<< on Bruce Weber ... on DARE me not >>