on 活動後記 7 タネ明かし 1
a0016843_2313135.jpg

自己紹介をしてください:
私は自分が考えたアイデアや提案が人のために役立ち、
 喜ばれることを幸せに感じる人間です。

学生時代に最も力を入れたこと:
 留学を志す生徒に英語を教えることに力を入れました。
 5歳から50歳まで見てきた生徒は、みんな学び方も
 モチベーションも性格も違う、千差万別な「人達」でした。
 そんな中、私は必ず相手の目線から生徒が考えること、
 感じること、見ているものを考え、感じ、そして見る
 ことを心がけました。相手がぶつかっている壁を見つけ、
 自分がどうすればその弱みを克服できるようになれるか。
 自分が何をすれば相手の強みを引き出して自信をつけられ
 るようになるか。 
 それを一つひとつ考え、千差万別の教え方をデザインして
 きました。相手が抱える問題と魅力を見つけ、それを
 活かすプロセスを考えることを学びました。

広告の何が魅力か:
 人の心をつかむ仕組みや、人と人の会話を作るアイデアを考え、
 それをクライアントが定めた
 条件の中でいかに実践できるかが魅力的です。
 クライアントと面と面向かって、売り出したいサービス・もの
 の魅力要素を探し出し、それらをあるコンセプトや仮説に
 基づいて組み合わせ、最終的に一つのカタチに持っていく
 プロセスが素敵です。
 
c'est plus simple, non?
il faut de parler avec plus passion
[PR]
by eclipseted | 2005-05-01 23:59 | [発insights想]
<< on 活動後記 8 タネ明かし 2 on 活動後記 6 >>