on 活動後記 4
a0016843_171566.jpg

あらためて思うこと
それは自分だけの、自分のための時間ほど
社会に出ると作りにくい、ということ
一日起きている時間が18時間、
エネルギーを蓄えたり、
体を清潔に保ったりといった、ごくまれに
体の通常機能が正常に作動するために用意されている時間が
そのうち4時間、
通勤時間がそのうち2時間半、
その他の11時間半は多かれ少なかれ、純粋に自分のためだけ
ではなく、いち社会人として必要とされる業務を遂行するための
時間に当てられる。
11時間半だ。
純粋に自分のためだけには使えない時間だぞ。11時間半。
信じがたいことだけれど、自分で好き勝手振る舞う時間なんて、
もはやないに等しい。いや、好き勝手に振る舞うことが好きな
人ほど、それをする時間を作る要領はまさにないと思うので、
自分を含めたそんな人達にとっては時間を作り上げることなぞ
並大抵の業ではなさそうだ。

11時間半も仕事をしている。
そんな中、わざわざ金曜日や土曜日の夕方の貴重な自分だけの
時間を費やして、英語を学ぼうとか、料理教室に通おうとか、
息子の自由研究を手伝おうとか、奥さんのために手料理をごちそうするとか、
資格習得の勉強に費やそうと思う社会人に、自分は多かれ少なかれ
感心する。多大なる力を費やして、この先6、7年後の自分を
思い描きながら今、自分の12時間半を全回転で動かそうとして
いるのだ。しぼりだしているんだ。
ミキサーで混ぜて、抽出しているんだ。
ゼラチンでかためて凝固させているんだ。



そして僕に残された時間は、329日。
ted school 329days

お前がどれだけ動ける人間になれるかは、この329日の残された
時間の動かし方にかかっている。とっても期待している。
[PR]
by eclipseted | 2005-04-27 01:06 | [発insights想]
<< on 活動後記 5 on 活動後記 3 >>