on 反対側の勇気
a0016843_13575610.jpg

先月30日  イラクフセイン政権崩壊後
初めての 国民議会選挙が行われた

民主主義にのっとった政権復興にむけての
先駆け的な一歩となりえる今回の選挙

ブッシュ政権のイラクの軍事介入に強い
批判をしめし、旧政権を支持する過激派
グループの選挙妨害が事前から懸念されて
いた

"bullets and ballots" -天声人語


総有権者数が把握できていない
民主体制に反対する国民が
いる国

イラク各地にある投票所へ出向き
投票することは、自らの命を
危険にさらすことを意味する

投票しても、自分の一票がどれだけ
国に貢献するかが分からない世界

なんの保証もない出向

そして当日

国民による選挙投票率は
当初70%,
その後 50-60%,
更に修正され最後は
「期待より遥かに高かった」
と発表された

つい先日も襲撃にあった市街地を歩く老婆は
投票所へ向かう途中 こうもらした

 ー私は将来のイラクのために犠牲になる


目の前がぼやけて、熱いものがこみあげた







あなたたちのその勇気を
ほんの少しだけ 僕にわけてください
[PR]
by eclipseted | 2005-02-02 13:58 | [発insights想]
<< on なんでこんなところにいるのか on "I Spy&... >>