on bath time
a0016843_0224278.jpg

[序章]
失恋をした

うまく伝えるのができない性癖によって、
僕はまた一つ踏み外したことになる。
成果物は過程を如実に表す。
そこで最後に見えなければ、それは最初から存在しなかったのと等しい。







森の中で木が倒れるのを誰も聞かないのと一緒で。







スーダンの国で青年が、聞こえないため息をもらすのと一緒で。





表現が本質に伴わないもどかしさほど痛切な屈辱はない。
しょせん目で見えるもの、耳で聞こえるものが優位性をとって
独り歩きしてしまう関係だから。目に見えないものに気づいて
もらう暗黙の了解はそこには通用しない。0.6秒で決まる
第一印象の好意不好意はそこにはない。あくまでも与えられた
600秒前後間の凝縮された時間に、言葉とモノを規定の
場所に配置できるかどうかだから。
そういう点では恋愛とはいささか違うのかもしれない。
場を共有することで互いに理解したり、
奥に潜んでいる伝わってほしいものを確かめ合う
関係とは異なる。
そして合理と現物優先の契約的なコミュニケーション
にもとづいたやり取りでは、必要以上のエトセトラは
意味を持たない。要求されたものたちだけがただただ
600秒間に、可能な効用を最大限に発揮する
だけが問われる。ほかのコたちは評価されない。
そこにあっても。
そこで手をふっていても。
そこで飛び跳ねて、叫んで、とびっきりの主張をしていても。
彼らは見てもらえない。
そこは本当に目に映る本質しか意味がない世界だから

あがきにしか聞こえないようなこんなあとがきを
うまく言葉にする事もできないけれど、それでも
自分のために残そうと思う。いつか振り返った時に
ちらりと姿を見せる弱い場所を再確認するために。
そして自分には言葉がなくてもひしひしと伝わる
本質がここにはあるから。


実際失恋はしてないよ 
[本章]
久しぶりに時間をかけてあついシャワーを浴びる。
ゆっくりと、湯気を冷たいバスルームいっぱいに
充満させてから、体についたため息とやつれを
洗い流し始める。ヒゲも、結婚式の前のように
ゆっくりそってみる。あまりもとから生えない質だから
いささか不慣れな手つきで、僕には重すぎる
三枚歯のカミソリを操りながら念入りにそる。
うちは童顔だから、はえないヒゲがのびると
少しは中学生っぽくなくなる
(つい先日こちらのサイトであがった
ばかりの話だけれど)



ちなみに童顔であってよかったと思う点は、
駅員さんに「切符をどうやらおとしてしまいました」って
謝る時に許して通してもらえることと、
街頭でピンクチラシをくばられないことぐらいかな。










だから実際に夜、危ない場所をあるいていて声をかけられると、

















「え、本当に僕ですか?」









って思わず聞き返したくなる。





いずれにせよ、男の人がヒゲを剃り終わった時に感じる、ぴっかぴかに
生まれ変わる新鮮さを、自分も生きている証拠として実感する。
頻度と程度の問題で、幸いにもうちは6日に一度感じる
ことができるから、他のひとより毎回新鮮に感じている気がするけれど。
続いて髪を丁寧に泡をたくさんたてて洗う。今は髪が短い分
シャンプーは本当に楽で、頭皮に指腹を感じる。自分で
マッサージしていて寝そうになるときに、いかに長いあいだ
ゆっくりと髪を洗っていなかったが分かる。
呪縛とプレッシャを微粒な泡と一緒にお別れをする。
さようなら、またの機会にでも。
その後は必要以上に長い間、時間をかけて体を洗う。
足の指の先まで丁寧にあらう。ちょっと腕が細くなった
のに気がつく。ここ数日間やつれていたからかな、と
思うと同時に、じゃあ出たら腕立てでもしよ、っと思うぐらい
しか気に留めないけれど。そして誰もが認めるぐらい
まったく必要ないほどの泡をたてて、部屋中を真っ白に
する。自分の身も身の回りも一緒にクレンジングだよ。
とり損ねていた水分を、シャワーホースの取手に向けて
大きく口をあけて、ごくごく飲んでみる。








41℃のお湯だけど。



















めずらしく甘い。















砂糖??

やたらたくさん、目に入ったけれど、
















でも 




















美味




















そしてもう少し飲んでから、胃が





意味もなく














暖まりすぎてきたのを感じてやめる。


















けれど
元気がでないのと、
元気よく飲むことは違うと初めて感じた。













こんな久しぶりの儀式を終えてから僕は今日は寝るとしよう。
気残りもわだかまりもくやしさも
一緒に布団のなかにもぐりこんでくるけれど、
今日は寝ようと思う。



今日は彼らがいても、きっと秒殺だな。
野比のび太君にも勝てる。
おそらく圧勝。

チャンピオンベルトとか、
ビクトリーランとか、
ティッカーテープパレードとか、

みんなみんな連れ込んで、そして眠りに落ちる。






明日はsfc、坂研打ち合わせ、catal打ち合わせ、11歳の子の英語、
インド料理だ。

一日惜しみなくつかってやる。









and I hope you have a good dream as well.
[PR]
by eclipseted | 2005-01-21 01:00 | [発insights想]
<< on お話 9am(改訂版) on steki >>