on filling the distance
a0016843_091954.jpg


麻布十番でなんとこんな光景を目の当たりにしました。
This one scene in Azabujuban caught my eye today.
豚を散歩させている女の人を見たんです。
There was a lady walking a pig on the sidewalk.
ピンク色で濃いつやの毛並みをした豚は、
見ていると気持ちのよ
いくらい太っていて、
それはそれは見応えのあるものだった。
The lite crimson pink ping was such a sight,
looking satisfyingly plump and packed.
散歩そのものはのっしのっし一歩ずつ進むペットと、
それに歩調をあわせて隣を歩く女性との間の
息づかいまでもが重視されるチームワークのようで、犬のそれとは
まるで次元がちがったのに驚かされた。
Their mutually symbiotic walk was enthralling,
with the pig taking its hefty frame one step at a time,
while its owner adjusted her footsteps accordingly to
him; looking utterly foreign from that of a dog's walk.
それはさておき、物珍しさにこの散歩をしている豚と女性の
周りには絶えず数人の人が群がっていた。
Soon afterwards, a constant crowd had formed t
o watch
the parrading two. もちろん希少さ故に
という人もいたのだろうけれど、僕としては豚がもたらす
緩和臭のような歩み寄りやすさの方が気になっていた。
Of course the rarity of a pig in the city had attracted the
onlookers for sure, but I was more attached to the thought
of the animal demonstrating enough mangetivity it so possessed.
おおらかで体温が絶えず暖かい人が与えてくれる、安堵感と
一切の不安懸念材料のなさと同等な空気を、この一匹の
豚が提供できている気がしてならなかった。
It was almost as if the pig was able to offer the same attractive
atmosphere of that provided by a chubby yet heartwarming soul.
リュックベッソン監督の代表作、
「レオン」でも似たような
シーンが繰り広げられていた。A similar scene had been portrayed
in Luc Besson's famous "The Proffesional."抹殺を天職とする男と、
家族を失った気高い女の子の関係を繕ったのは、
変哲もない豚の鍋つかみ。It was a common place
cooking mitten shaped like a pig which abled a cold-blooded
proffesional killer and a ignorant little girl without a family
to fill in the gap. あえて豚を二人の人間の歩み寄りの
きっかけとして起用された裏には、豚の意外性以上に
必然性があったと思う。There was the obvious nature
of pigs rather than their unexp
ectancy that let them
capture two human beings to bring them closer together.
そんな豚について考えを寄せた一日だった。
It was a day I gave some thought to pigs.
を必要としない、人間関係の魅力を感じた一日でもあった。
It was also a day without the help of pigs to realize the power
and attraction of grea
t friends around.

[PR]
by eclipseted | 2004-09-26 00:09 | [発insights想]
<< on love on 39 rue piat.... >>