on 大人ごころ
a0016843_10572453.jpg




大人の事情で
怒られたり、
嫌われたり、
巻き時計の歯車のような秩序が、ある日突然歪曲させられたりする、
たくさんの、もやもやとした不条理や、突如現れる落とし穴がある
この世界だから

自分の中にいる子どもの計らいで、
無邪気な心持ちや
底抜けの明るさ
南国の畑に生えるとうきびのようなまっすぐで素直な実直さ
をどれだけまとっていられるかで、
この先どこまで大人でい続けられるかが決まっていく


大人になるだけ自分の中の子どもをよく聞く
そんな大人が大きく伸びる



松本哲郎
[PR]
# by eclipseted | 2011-10-09 04:27 | [友people達]
on ブロッコリーのような思い出
a0016843_3245663.jpg


先日30になった友達宛のメッセージ内容が
自分でも覚えておきたいことだったりするので書いておく。


__

おめでとう。

人生の第一コーナーを通過しそうですね。
快走中ですか。  徐行中ですか。


歳は、とるほどに時間の経過が速くなるとよく言われます。
4歳の時は一生の1/4、80歳にはそれが人生の1/80になるからという考え方ですね。

だけれど最近聞いたおもしろい話に、
時間の経過はどれだけ時間を密に使うかで決定する、というのがありました。


あるフランスの時間生物研究者が、
なにもない、真っ暗な洞窟にこもり
外部をシャットアウトすることで人体の記憶への影響を調べる実験を行いました。

結果ですが、
刺激も抑揚もない環境下では、記憶同士をつなげるイベントや体験がなくなるせいで、
自身の時間の捉え方がどうやら狂ってしまうようです。

実験はわずか24日間でしたが、
彼の認識では数ヶ月分の時間が流れていた、といことでした。


物事を思い出そうと記憶を手繰っても、手繰る物自体がないせいか「すぐに記憶の終点が訪れてしまう」。
簡単に言うと、時間の経過が早く感じられるようになるみたいです。

記憶が蓄積されることもなく、感覚的にはどんどん歳をとるスピードが加速する。
結果的に、内面だけがが着々と老いていくということですね。



そして同時に、またその逆も然り。

1日24時間を細切れにし、彩り鮮やかな体験や、感情の緊緩を伴わせることで、
記憶はとても頑丈でしっかりとしたバンドとしてつながり合い、結果として頭に残る。

記憶を辿る際には、それぞれの彩り豊かで質量のあるイベントが手繰られ、
もしろん意識の中だけだけれど、豊かな記憶のシリーズは、「時間を伸ばす」ことになる。


ブロッコリーのようなゴリゴリとしたものや
繊維が弛緩した、熟成肉のようにやわらかなもの。

色々な食感のイベントをたくさんたくさん咀嚼しながら毎日を紐といていく。
そんなことができる人こそが、心も頭も満たされながら
人生を永く永く楽しめるのだと思います。


怖じずに控えずに、今日以降もどんどんと
色々なものを経験し、咀嚼して楽しんでください。

それがきっと、三十路の先
若くいつづけることの秘訣のひとつでしょうから。
[PR]
# by eclipseted | 2011-09-28 21:10 | [発insights想]
on また始めること


「また始めること」

の一番の条件とは、

それまでを
正式に振り返ってよい
と、認められるようになることである。


[PR]
# by eclipseted | 2011-09-26 14:42 | [発insights想]
on 新しい生活
a0016843_1858960.jpg


一からあらためて始めることに
力と時間をかけるのは
もうそろそろいいかな、と思ってた


それが、いかに
貴重な架け橋となるかを気づかされるまでは


今やりたいのは、
今までをたぐって、そして次を新しくつむぐこと

そしてその次、とは、新しさ、ではなく、
架け橋を渡り、そして上書きされていく今まで、
をたくさん楽しむことだと思ってる


[PR]
# by eclipseted | 2010-12-06 18:56 | [場places所]
on 鉢合わせた時

a0016843_753491.jpg


(前章)
28になっても、自分史上初なるものが未だにある


それは、あるかどうかすら確信が持てないものの
暗中模索の末、本当に偶然の重なりで巡り会えたり、
あるいは
一縷(いちる)の望みを持って、ただひたすら
希求してきたものに、ようやくたどり着けたり
するもの


どちらも、巡り会えた結果は変わらない
歩んだ経路が、ひたすらもやもやしていたか、
それとも永久的にとりあえず長かったか
どちらかでしかない


でも
何百回も歩いた、見慣れすぎた交差点を曲がり、
こちらに向かってくるそれに、
不意に鉢合わせた時、
それに気がつけるかどうか

そして、何よりも
今までになかった、身体をビビっとかけぬける確かな感覚
あるいは
今までずっと、身体の中で温めてきた大切な想い

自然な形を与えてあげ、乾いた空気をつたって届く
素直な言葉として伝えられるかどうか


鉢合わせた時できることはただそれだけなんだ



miniは流通台数500台前後の、ハードトップを切除、
帆を張り直した、もはや原型をとどめない80年代の混血な名車。
オーナー同様、monte carloラリーのmini全盛期の遺伝子も
継いでいるであろう麒麟児です。



[PR]
# by eclipseted | 2010-11-13 09:39 | [懺confession悔]
on BACKWARDS PULSE
a0016843_10365078.jpg


yes, age is just a number.

but could it be more of a perspective.

yes. it is more of a perspective than just a number.

but could a perspective outperform age which is merely just a number.

yes. but no.

because of its essence as accumulation of age.

it is only in its accumulated stage can perspective outperform age,

which solely means a backwards pulse may be the only way to outperform age.


[PR]
# by eclipseted | 2010-10-10 10:38 | [発insights想]
on STRATEGIC ALIGNMENT
a0016843_931195.jpg



CDという役職はアメリカでは、もはや
一世代前におもしろい表現が作れたクリエイターとして
しか認識されていない

今はどちらかというと
有機的で広がりのあるコミュニケーションの仕組みを
作り、そして舵取りができる
プロデューサーやアーキテクト、イノベーター
といった呼び名の設計者が目立ってきている

コミュニケーションの戦術を正確にプロットするっていう意味では、
個人的にはSTRATEGIC ALIGNMENTみたいなのが
適切な役職名称のような気がする


[PR]
# by eclipseted | 2010-09-08 09:04 | [月occupation金]
on vantage point
a0016843_2313784.jpg



四足歩行の哺乳類は、生まれてまもなく
渾身の力で立ち上がろうとする。
あれは最も脆弱な状態で外敵に襲われるのを
防ぐためであり、本能と直結した振る舞いの一つである。


つい最近、人間においてもこの
本能と直結しているであろう何か発揮されるシーンに遭遇した。

それは、自分より圧倒的に弱く、
自分とすごくつながりのある
得体を守ろうとする立場に直面した時に、
その人の「本能的」な素質が突然覚醒された瞬間だった。


人間の親は成長過程の子どもの素質や能力を得てして気にするもの。
例えば理性や知性など。

でも、これらのある程度後天的に高められる素質
とは異なる、誰しもが持って生まれると思われている
本能
が備わっているかどうかを気にかけることはあまりない。

ただもしかすると、人間も何かのはずみで
「本能的」な素質を損なったまま
生まれたり、成長することだって、十分ありうると思う。

こういうことを考える親って、きっとほとんどいないだろうな。
と思うと少し怖くなる。



写真は雨雲が流れ込む琵琶湖。
雨の前は、冷たく、とても勢いのある風が
よく吹く現象が起こる。あれは自然の摂理。
ちょうどその風が、雨雲の数百メートル先の
水面を逆なでている奇妙な光景。

[PR]
# by eclipseted | 2010-09-06 02:30 | [発insights想]
on stairWell steerWell
a0016843_2346519.jpg


戦略とは
違いを作り、解決の手だてをつなぐこと


最短の道でも、遠回りでも、
思わず進んでみたくなるような
わくわくする筋道をつむぐのが、
自由自在にできるようになりたい

stairWell
steerWell

画像は恵比寿の夜道の照らされた非常階段
裏側からでも上ってみたくなる気にさせてくれる

[PR]
# by eclipseted | 2010-09-01 23:51 | [練training習]
on 肌ラボ
a0016843_12362493.jpg

患っていた膝の痛みが回復してきたから
また本格的に外で走り始めようと思う。

続けているジム通いにはそれなりの目的と意味があるが、
最後は靴ひもをいやいや結びながら外に出る方が
体にとって優しい行為のはずだろうから。

そして地肌は外気に触れさせることで、空気の流れや密度の変化に
反応するし、ただでさえインドアがちな僕にとって、それは
生活をする上で欠かせない嗅覚や味覚に直結すると思うからだ。

週末にpatagoniaの店員の表情を見たり、滋賀の山奥の杉の香り
をかいだりしながら、なんとなーく、ゆるく再確認させられた。

[PR]
# by eclipseted | 2010-08-30 12:10 | [場places所]
on everlast
a0016843_0272178.jpg


いくつか理由があったとしても、
最後は一つにしぼって伝える方が
心に残してもらえる場合がある。

結局わたしのどこをみてるの?
と不安にさせないように。


写真は新宿御苑 苑内の桜

集まって咲くもの、伸びやかに開くもの
どの木も表情に違いがあり、眺めているだけで
豊かな気分でいっぱいになる。


a0016843_031734.jpg


伸びやかに開くもの


a0016843_0343655.jpg


集まって咲くもの

[PR]
# by eclipseted | 2010-04-04 21:42 | [懺confession悔]
on 経験倉庫
a0016843_10173233.jpg

一巡りした時に
振り返れるかどうかが
仕事でも趣味でも重要だったりする。

目の前の運営で手一杯になっていると
解決のヒントが実はものすごく本質的であり、しかもそれは
ずいぶん前から知っていたり、あるいは
書き留めていたりしたことそのままだったり
することを忘れてしまうことがある。

僕の場合、本棚で眠ってるmoleskineは
まさに逃げも隠れもしない経験倉庫。

あまりにも成長がないことをびびって
開くことがないのが問題だな。。



しかし指数的に増えていく「過去の貴重なインプット」も
気づいた時にせっせと仕分けしないとですね。
a0016843_1017499.jpg



a0016843_10181696.jpg

[PR]
# by eclipseted | 2010-03-20 10:34 | [月occupation金]